詐欺電話がかかってきた

もうだいぶ前になりますが、あれは振り込め詐欺。

「NPO法人消費者訴訟解決委員会」

という名前の葉書が来まして、

「あなたは英語教材の代金未払いの件で、東京地裁に訴えられています。このままでしたら、敗訴して360万円を請求されることになります。これを放置すれば、動産・不動産の差し押さえ強制執行となります」

 

というギョッとするようなオドロな文面、いわゆる「恐怖商法」ですね。

心当たりはなかったけど、うちの母が英語教師ということぐらいは知ってるらしい。

続く文面に「なお疑問の節は以下に連絡をしてください」とあり、

「対策委員会」の名前と電話番号が記されてありました。

まだこの種の詐欺は余り知られてなかったから電話しました。

すると若い男の声で、

「緊急の対応が必要です。よかったら弁護士事務所を紹介します」と。

そして電話番号を告げられました(うちには顧問弁護士がいますが(笑))。

 

その番号の局番が同じやから「あれ?」と思いピーンときましたが、面白そうなのでとりあえず連絡。

するとまた若い男の声で「弁護士の栗山悟」と名乗り、

「今ならまだ3日間猶予があります。裁判所に不服申請が必要です。つきましては供託金として以下の口座に100万円を振り込んでください。訴訟が済み次第、供託金は全額返還されます」

とヌカす。

 

「これは確実に詐欺ですやん」と思って、わざとオロオロ声を使って、

「では、親が帰ってきたら相談のうえ、振り込みます」って返事したら、

次の台詞で敵は馬脚を現しました:

「これは個人情報に該当する案件ですので、本人以外に口外することは法律違反となります」

はい馬脚。アホか。稚拙な詐欺。

 

なおも笑いをこらえつつ

「では今からすぐに手続してきます」

と言って電話を切りましたけど、

滅多に出来ないオモシロイ経験をさせてもらって、お腹を抱えて笑いました。

しかしこんな子供騙しに引っかかるアホも世の中にはいるのでしょうね。

まぁ、年々巧妙化ていますけど…。

お酒が苦手

私は学生の頃から「忘年会」「新年会」「歓送迎会」「社内旅行」って代物が嫌いでした。

「互いの親睦を深めるため」とは言うけど、

それなら別にお酒を飲まなくっても、旅行しなくってもできるじゃないですか。

嫌いな者にとって、あんなもの仕事の延長でしかないのです。それどころか、苦行です。

だからたとえ出席しても、乾杯のあと暫くして消えることにしていました。

お酒が飲めないってこともありますが、

何が悲しくって、苦手なお酒を我慢して飲み、絡み酒の相手をしなくちゃいけないのですか?

「協調性に欠ける」とか「付き合いが悪い」と言う人もいましたが、毎年繰り返していると言われなくなりました。

こうして「虐待の無限ループ」は、いつまでも続くことになる

昔の家庭では「三世代同居」がごく普通でした。

子育て素人の父親母親を補助する形で、爺さん婆さんがいました。

いつの頃からか「核家族」が主流になり、

家族の「縦軸」が失われるとともに、適度な「躾」も失われました。

現在の統計では、子供を虐待する親は、幼児期に虐待を受けた人が圧倒的です。

「躾」と称して子供に手を挙げたり、ネグレクトしがちなのですね。

親である限り、本能的に子供を愛する感情が備わっていると思いがちですが、

それはまったくの見当違いという他はありません。

親は子供を産んだからと言って即親になるわけではありません。

子供の無理難題に直面して、悩みながら親として成長するのです。

現に「子供を愛せない・愛し方が判らない」という母親が多数存在しますね。

彼ら・彼女たちは、そもそも親から愛された経験が乏しい場合が多く、

子供時代に肌感覚で身についた「愛情の原体験」がないんですな。

一方、子供が泣いたり、阻喪したりするのは当たり前じゃないですか。

泣くには泣くだけの理由があるのに、幼い頃に叩かれた経験しかないために、

自分も叩いたり怒鳴ったり無視したりしてしまうのです。

そんな親に育てられて、子供は何を拠り所に生きていけばいいのですか?

基本的に、恐怖を身に着けて育っていく他ないじゃないですか。

そんな子供たちが成長の後、どんな大人になると思いますか?

人間とは、そもそも自分が育てられたようにしか子供に接する他ありません。

基本チャートがないために、彼らは身についた「咄嗟の対応」ができないのです。

一方、幼少時代にたっぷりの愛情を注がれて育った大人は、

「咄嗟の対応」がごく自然に出るのです。

虐待を受けて育った大人たちは、子育てに自信がないために、

大人の理屈で無理やりいうことを聞かせる、つまり「虐待」を「躾」と勘違いしたり、

無原則的にモノを買い与えたりすることを「愛情」と勘違いするんです。

彼ら・彼女たちは、決して「バカ」でも「冷酷な人間」でもなく、

ただ「本能的な子育てチャート」を持たないだけなのです。

こうして「虐待の無限ループ」は、いつまでも続くことになるんですよ。

こういった危機的な問題に対処するためには、

かつての爺さん・婆さんに代わる何らかの「お節介システム」が必要でしょうね。

明治23年に日本を訪れた英国の女性旅行家、イザベラ・バード女史が、次のように驚きを述べています。

「我が国の子育てとは全く違っていて、日本人は子育てに鞭を使わない。

親が子供たちを可愛がること著しく、叱るのも口で譴責するだけである」

「英国の子供たちに比べても、日本の子供たちは非常に素直で、心から大人たちを信頼している様子が明らかに見て取れる」と。

訪日外人がこのところ急激に増えていますが、彼らが異口同音に感動するのは「子供たちの笑顔」だそうです。

 

まだまだ日本は素晴らしい国です。いつまでもこれが続くようにしたいものですね。

マクドナルドに変な店員さんが…

先日マクドナルドに行って注文をした時に支払い中、

 

私「あと、お水も下さい」

 

と言ったところ

 

店員「今度から最初に言って下さい!」

 

と言われたのね。

でも、そんな事どこにも書いてないのですよ。

それに、過去に今回のように時々お水を貰うことがあったけれど、このようなことは初めて言われたので驚きました。

そもそもどういう決まりマニュアルになってるのか?が気になったので、マクドナルド公式サイトの問い合わせにて、

「本日、マクドナルドの店舗にて、店内お召し上がり希望でバーガーとポテトを注文をした時に支払い中、

「あと、お水も下さい」
と言ったところ、
「今度から最初に言って下さい!」
と言われました。
日頃から、店内で食べていく場合は、よくお水も頼むのですが、このように言われたのは初めての事でした。
正式にはどのような決まりになってるのかを知りたいです。」
と質問したところ、以下のような回答が着ました。

 

 

マニュアルについての回答というよりも謝罪文が着ました。

 

あのバイトの女の子の発言は何だったのか…

 

ただ、以前から元々態度の良い子ではなかったからなあ。

 

この日に関しても、他のお客さんが帰る時は「ありがとうございましたー!また御越しくださいー」と言っていましたが、

私が帰る時に、わざわざ振り返ってジローっと無言でこちらを見ていて嫌な感じ…というか、気持ち悪いよ(*_*)

 

こういうおかしな店員さんがいるとなると、わざわざお金払ってここで食べたいと思えなくなりますね。

他の店員さんはすごく接客態度の良い店舗なので、たった一人のバイトの女の子によってイメージが悪くなるのは残念なことだと思いました。

 

まあ、普段はあまり細かいことは気にせず流すのですが、今回の場合は以前から嫌な感じの店員さんだったことと、お水を頼むタイミングもわからなくなったので問い合わせてみました。

 

 

それと、ここの店舗、混雑しておらず、他の席が空いてるにも関わらず閉店の50分前に、

「もうお食事はお済みですか?」

と男性店員による退店要求。

普段、他に勉強や仕事でパソコンを使って長居しているお客がたくさんいるのに何故でしょうか?

言いやすい人を選んでこのようなことをしているとすればとても腹立たしいことです。

4の30億乗

私はショートスリーパーで4時間くらいしか眠りません。

 

なので、昔から夜や夜中、又は明け方は周りの皆が眠ってしまっていて暇なのですが、その時間に趣味の科学誌や購入した論文を読んでいると、気付くと10時間くらい過ぎていたりします。

実はそのくらい好きです。

でもあまりこの趣味に合う子はいません…。
しかも、最初の大学は中堅(当時はまだ中堅でしたが今は底辺です)理系学部でしたが、勉強せず何も考えずに入学してしまったために、非常につまらなく、その時は多少、癌についてやりましたが深く学ぶわけではなく嫌いでした。
癌については急速に解明されつつありますが、9年前はipsなんかも無く、まだまだ 医師ですらも癌が何なのか?わかっていない臨床医が治療現場でマニュアル通りにやっている という感じでした。

でも、知れば知るほど細胞の中にある遺伝子は面白いです。

正確にいうと塩基配列は約30億の情報から成り立っています。

1つの塩基配列は、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の

4つの化合物から成りたっています。

ということは…

この塩基配列の組み合わせは、4の30億乗という膨大な数になります。

何が言いたいかと言うと、もし、このすべての組み合わせの人間を人工的につくればこれ以上のパターンはないということになります。

もちろん、人間を人間たらしめている共通の遺伝子があると思うので、数は減ると思いますが、それでも膨大な組み合わせですよね。

因みに、4の10乗で1048576ですから

約100万とすると

4の20乗で

約1兆です。

4の30億乗は、もう計算できないレベルですね。

現在の世界の人口が約70億だとすると、遺伝子のパターンとしては、ほんの一部の人間ということになりますね。

ただ、人類の誕生から考えると、人口の累計は相当数になるでしょうから、4の30億乗の1%ぐらいは
(1兆人ぐらいいるんですかね?) 出現してるんですかね。

考えていると面白いです( ^∀^)

お金になら無い、身近でも殆ど同じ趣味の人かいない私のマニアックな趣味ですが、また時々ここに書いていこうかなって思います。