不動産 絶好の買場がくる?

散歩していると土地の売却の看板があった。

 昔の我が家の土地は4つに分割して売った。

私が育った隣家は、2分割になって家が新しくなっていた。

斜め隣の家は、ボロ家で頑張っていたが、今は土地から造成のようで工事中だった。多分、相続でどんどん落ちぶれて売却されたのだろう。

近所の路地裏で使えないような土地も、皆細切れで家が建っていた。建築中の土地もあったが、いずれも細切れにされている。大通りに面した小売りのお店は、のっぽのマンションになって並んでいる。
都市が発展するのは有り難いことだが、日本の税制からするとどんどん細切れになるのが必然だ。私の育った家も、頑張って住み続けたら私自身が豪邸に住む一般人になっていた。
 そんなことを考えると感慨深い。

この状態が後1カ月続いたら、金詰りで不動産の投げ売りも出て来るでしょう。
投げ売り不動産を買う手もあるね。

コメントを残す