日本の腐った人質司法 

ゴーン氏のしたことは正しいとは思わないが、司法や法律執行一般の公正さを今一度問い直すべきではないでしょうか。今の日本の政府が法を公正に運用しているとはとても言えない状況であることは否定できないのだから。

あと、今回、法務省出入国在留管理庁は、誰も責任とってクビにならないと予測。

この無責任体質が、間抜けな恥さらし国家たらしめてる原因。

なぜ、日本と犯罪人引渡条約を結ぶ国が、先進国の中で異常に少ないのか?

それが、日本の刑事司法の現状と関係があるのか?

米軍の地位協定も日本の司法に問題があるので自国の法律での裁判が必要との事からだそうですね。99%が有罪ってのが国際社会では受け入れられないようです。

最初、日本の死刑制度が問題視されているからかと思いましたが、米国も死刑制度がありますから。

 

日本は今では国全体が官僚の既得権益で支配されてしまっています。

 

出る杭を打ちまくる日本の悪しき因習によって、優秀な人は海外に飛び出していき、日本国内には凡庸な人しか残らなくなっていっています。

コメントを残す