お酒が苦手

私は学生の頃から「忘年会」「新年会」「歓送迎会」「社内旅行」って代物が嫌いでした。

「互いの親睦を深めるため」とは言うけど、

それなら別にお酒を飲まなくっても、旅行しなくってもできるじゃないですか。

嫌いな者にとって、あんなもの仕事の延長でしかないのです。それどころか、苦行です。

だからたとえ出席しても、乾杯のあと暫くして消えることにしていました。

お酒が飲めないってこともありますが、

何が悲しくって、苦手なお酒を我慢して飲み、絡み酒の相手をしなくちゃいけないのですか?

「協調性に欠ける」とか「付き合いが悪い」と言う人もいましたが、毎年繰り返していると言われなくなりました。

コメントを残す