「物事の道理の理解が鈍く、騙しと誠意の区別がつかない人」

「物事の道理の理解が鈍く騙しと誠意の区別がつかない人」

 

今日は、博士とランチ会食。

いつもながら楽しく歓談し、有益な話が聞けます。

 

 

投資の仕事をしていると、

「物事の道理の理解が鈍く、騙しと誠意の区別がつかない人」

が結構多く寄って来ます。

 

身近な知人でもいました。

物事の道理が分かっていないと、美味しい話、儲け話などにはすぐに乗りがちです。

 

相談に乗ると、物凄く手間だけかかって、感謝も無い。

教えてもらうことが当たり前と心得ているのでしょうね。

すなわち、人に教えてもらうことはタダと心得ている。

私が知ってたら何でも教えてあげるのに・・・と言うけど、そういう人に限って有益な知識は持っていないのです(笑)。

 

騙される人は何回も騙されており、学習しません。

「物事の道理の理解が鈍く、騙しと誠意の区別がつかない」からでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です