売春 ソープ~永遠に勝てない敵

男がスケベで、それを利用する女がいる限り、売春行為はなくなりませんよ。

つまり人類が死滅しない限り、絶対に撲滅できない ということです。

なんせ人類最古のビジネス。

百年二百年しか経ってない現代の法体系で、

取り締まろうというのが、蟷螂の斧、敵う相手ではありません。

たぶん、今回摘発された北九州のソープは、警察への「挨拶」が足りなかったのでしょう。

なので警察が「舐めるな!」と怒ったのですな。

これからソープランドの類は、斜陽産業化するのはもうハッキリしています。

今ではもう、中高生の売春(援助交際)の方がメジャーになってしまったからね。

この子達は、

生活が苦しいから、

病気の母親を…、

幼い弟妹を…

 

ではなくて、 ブランドものが欲しいから、ほんの小遣い銭稼ぎの積りでやっているのです。

で、ダサいオッサン達が格好のターゲットになっているという訳。

こんな世も末の傾向は、今後ますます進むのでしょうね。

なんせコイツら、お金のためだったら股開くことなんか、屁とも思っていないのですから。

それより、みなさん見て下さいな?

ほら、夏休み、冬休みになったら、

朝鮮半島から、売春婦の女子大生が団体さんで来ていますよ~。

警察も入管も、そっちの方を取り締まったらどうでしょうか?

なに?

うかうか取り締まったら「差別」と言って人権団体が怒るって?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です