吐き気を催ほど醜悪な「戦後民主教育」

吐き気を催ほど醜悪な「戦後民主教育」

 

「命のビザ」78年ぶりに来日

オスカー・シンドラーの名前が映画で有名になりました。

彼はユダヤ人の命を救った英雄として、一躍世界に知られるようになりました。

ところが奇妙奇天烈、面妖千万なことに、

シンドラーの数倍の命を救った杉原千畝は、

戦後の教科書では徹底的に無視されました。

つまり彼は「歴史上存在しない人」として扱われてきのです。

ユダヤ人は勿論のこと、世界の心ある人たちには知られていて、

当の日本国民が知らされていない、しかも教えられてもいない。

これほどの恥ずかしい隠蔽と無知があるでしょうか?

今でこそ杉原千畝は広く知られていますが、英雄は彼だけではありません。

樋口季一郎の名前は、この期に及んでまだほとんどの日本人が知りません。

彼は満州国の大佐でした。

ヨーロッパからソ連を通って避難してくるユダヤ人にビザ発給するため、

満州国政府に強力に圧力をかけたのです。

彼の偉業はこれだけにとどまりません。

共産ソ連に抵抗した罪で、強制移住させられてきたポーランド人は、

シベリアで飢えと寒さで大量に死んでいきました。

せめて子供たちだけでも救おうと、現地のポーランド救済委員会が、

英米仏に救助を申し入れましたが、どの国も端から無視。

絶望に追い詰められた彼らが、最後の望みを樋口季一郎大佐に託したんですな。

当時の満州国の参謀総長は東条英機。

東条は日本国政府に掛け合い、僅か一週間で救出の決定を下し、

一か月後には600名ものポーランドの子供たちを

東京・大阪・神戸に引き取りました。

この件も、教科書で習っているポーランド人は誰でも知っていますが、

肝心の日本の子供たちには、今に至るも一行たりとも教えられていません。
不思議に思わないでしょうか、「何故なんだ」と?

敗戦以来、奇形化した日本では、「日本軍の善行」はタブーだったからです。

その一方で、嘘八百の「南京大虐殺」や「慰安婦強制連行」は 堂々と教科書に出る始末です。

吐き気を催ほど醜悪な「戦後民主教育」では、

世界に胸を張って言える歴史の事実は、一切合切封じられたのです。

つまり、わたしたちはそういう歪んだ教育を受けて大人になったわけです。

これが「健全な教育」「平和教育」なんて言えますか?

 

結婚へは歩け!離婚へは走れ!

という、ユダヤの格言があります。

 

ある日、知人から突然電話が来て、

「友達のAちゃんが困ってるから弁護士紹介してやってくれないか。まず話を聞いてあげて欲しい」

と。

私はこの時点で、

「 なんで私が?関係ない」 と突き放せば良かったのですが、友達のお願いだから仕方ないと仏心を出したのが間違いでした。

当事者のAちゃんは過去に1度だけ会ったことある子でした。

Aちゃんはその時、3月に結婚したのですが、入籍してからたったの2週間後に突然夫から、

「頼むから離婚してくれ」

と言われたらしいのです。

理由は、

「僕は結婚に縛られたくないし結婚に向いてないから」

だということでした。

Aちゃんはそんな理由で納得いくわけもなく、根掘り葉掘り聞いたけど答えが二転三転したそうです。

取り合えず同居は続けていたけれど、夫は殆ど帰ってこず、ある日内緒で夫のスマホを見たら他に三人彼女がいて、その彼女達から

「早く一緒になろうね〜(*^o^)/\(^-^*)」

などの、親密なやり取りが何百件も見つかったらしい。その何百件のメールを私に証拠として私に送ってきました。

Aちゃんは結婚して2週間なので当然子供はおらず。

私は、そんな人とこれから死ぬまで一緒にやってける?子供ができてしまったら大変よ?

と聞きましたが、Aちゃんは

「私の会社の人に 今が一番楽しい時でしょ? とか 結婚式はいつ? とか言われてるから離婚なんて恥ずかしくて言えない、、、」と答えました。

気持ちはわかりますが、こんな男と一生やっていけるのでしょうか?
クズグズしてるうちに子供ができたり、どんどん時は過ぎて年齢も進んでいきます。

しかも夫は既に別の彼女のところに転がり込んでいるとのこと。

4月の時点では、これで会話は終わりましたが、
数日後に

「やっぱり離婚するから弁護士紹介して下さい!」

と連絡がきました。

紹介すると、
Aちゃんは後日、母親と一緒に私の家まできて御礼を言いにきて、お品物まで持ってきました。(私は何もしていない(笑)弁護士を紹介しただけ)

そこで、Aちゃんとその母親から話を聞くと、

「夫にこちらが慰謝料の話をし始めたら急にビビって、やっぱり離婚するのやめよっか とか 彼女なんて嘘だよ と言うようになった。結婚して家具を買ったのはうちだから、全部お金返して貰う!
夫は私から、慰謝料請求されるなんて考えてなかったらしく、離婚届だけ出して即離別できると思ってたみたい」

と。

おかしな男だなあ……

なぜこんないい加減な男と結婚したのか? と、私は怪訝に思いました。

付き合っていた時は他の複数の彼女の存在に気付かなかったのか?
もしかして、相手のことをよく知らないまま、出会ってすぐに結婚してしまったのか?

質問してみたところ、2年付き合ったけど気付かなかった とのこと(笑)

とりあえず私が関与したのはここまででした。
正直言ってあまり関わりたくなかったのです。
このままスムーズに進んで無事離婚出来るといいですね くらいのことでした。

 

 

 

するとーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

3ヶ月経過したある日、

突然Aちゃんから連絡がきて、

「昨夜ね、夫が  彼女とは遊びだからもう一回やり直そう!
と言ってきた。だから今、紹介してくれた弁護士に連絡して、全部取り下げにしたよ。夫はまだ彼女とこのまま同棲を続けるんだけど、いつか戻ってきてくれるみたい♪色々話を聞いてくれてありがとう」

と。

ぇぇえ(´Д`)!?!?!?!?

 

 

男からしたら、なんて都合のいい女、、、

簡単に言いくるめられてしまうとは、、、

夫は他の彼女とそのまま同棲続ける って、、、?

この事を、最初にAちゃんを紹介してきた友達に伝えたら、とても驚いていたと共に、何故か私に謝ってきました。

ですが、
せっかく私は知り合いに頼んだのに、気が変わっただとかで簡単に取り下げされたら私の顔も潰れます。正直、ここに少し腹立ちました。

弁護士B君に電話してみると、

「ま、本人の人生。本人が決めたことだからね(笑)」

と苦笑いしていたのでまだ良かったですが、
振り回された私達からしたら迷惑でした(´Д`)

まあいいけど。

 

 

でも不思議です。なんでそんな男に彼女が何人もいるのか??写真を見せて貰いましたが、見た目は全く良くないです。

私が弁護士B君に聞いてみたところ 、

「まあ話聞いた限りだと絶対上手くいかないでしょう(笑)人生は負のスパイラルにはまると抜け出せなくなるんだよ。Aちゃんの相手の人は●●銀行の人だけれど、大した大学ではないから将来出世するわけでもないし、どこがいいんだろうね?」

と。

うーん、当時の私はますます不思議に思いました。

最初はAちゃんのことを可哀想だと思いましたが、考えてみたら、このような滅茶苦茶な男とくっついているのはAちゃんの意思なわけで、
なんだかんだ、おかしな人同士でひしめき合う、類友現象の法則の通りかも… と思いはじめました。

ダメ男にひかれる女性 ってのが世の中に存在していることを、当時なんとなくしか知りませんでしたが、Aちゃんという子がその部類に思えて、憐れでなりませんでした。

DVやモラハラ被害者もそうですが、周りがいくら説得しても、自ら攻撃者の元に戻ってしまいます。
下手したら悪者扱いされます。

結局は、自分で気付いて断ち切らなければなりません。

Aちゃんは悪い子ではなく、私に対して好意的でしたし、親切で、お母様と二人でお品ものを持って挨拶に来てくれたり、害はありませんでした。

私は、頼まれて知り合いを紹介したのに、途中で辞められたのは少し迷惑でしたが、弁護士B君は何とも思ってなかったので結果的には私には何も影響もなかったです。

意外とこのような普通な感じの子が騙されちゃうのだな……
深い付き合いはしていなかったので、Aちゃんのことを詳しくは知りませんが。

この件から月日が経過し、先日、SNSでAちゃんのその後を知ってしまった。

その夫はあの後、彼女の家で彼女と同棲を続けつつ、数年間Aちゃんとの婚姻関係も続けたそうです。

 

ですが、
その彼女とは別れ、また別の彼女の家で同棲をし、結局はいつまで経っても戻って来なかったとのこと。
結局はAちゃんとその夫はそれが原因で離婚したのでした。

 

 

誰もが予想できたような結末。

モラハラ DV  浮気…

宗教信者のように洗脳された被害者には、外野が何を言ってもダメなのですよね。
下手したら悪者扱いをされます。

彼女彼等はダチョウ倶楽部であり、私達は予定調和を見守る観衆でしかないのです。

合掌(´ω`)

ゴミ屋敷離婚

時間を見つけては本の整理をしています。

どの本を残してどれを捨てるか?迷いますね。

 

10年も前の本だと内容が古くなっていて、読んでも古い情報になってしまう。

特に法律系は、ガラッと改訂されることがあるし、コンピューターやIT系もですね。

 

辞書に関しても、何十年も昔のものと近年のものがあったら、近年のほうを残しますよね?

国語、古語、英語なら古くても使えるけれど、法律本はなぁ…

 

モノを捨てる捨てないは個々の性格もありますが、時代背景も大きい。

祖父母世代だと、今よりモノが無かった時代だったからか、モノが手元にたくさんあることに喜びを感じているような印象があります。

でも今の時代、モノは飽和状態。

 

TVで貧乏人の子沢山家庭の番組を見掛けると、十中八九、モノが多くて散らかっている。

あと、債務整理や破産、競売物件の人の家の中もモノが異様に多くて荒れている。こんなに買い物をしていたのに、税金は払えないのか と思ってしまいます。

犯罪者の住居も同じ感じです。

 

 

断捨離が流行っているけれど、そもそももっとモノを厳選して買えば良いのです。

そのモノを買うお金は、自分が何時間働いて、どのくらい苦労して、稼いだのか? 大げさに言えば「人生の時間の一部分でこの買い物をする」と思えば、心から欲しいものしか買わないし、そうモノは増えないと思うなあ。

 

収支をつけられないし、欲しいものと必要なものの区別もつけられないのでしょう。

 

そういえば以前、とある家庭が離婚したのですが、

理由は「ゴミ屋敷」でした。

その家は妻に浪費癖があり、片付けも出来ないので、夫が2人の娘と掃除をしていたそうです。

それでも部屋がモノで溢れていくので、2人娘と夫の3人で近くにアパートを借りました。

数日して自宅に帰ってみると、自宅がゴミ屋敷になっていたらしい。

これが原因で離婚。

鬱病を発症すると部家が荒れ果てるといいますね。

あまりにも酷い場合は、病気でしょうね。

このような人に限って、買い物好きだったり、考え無しにモノを買っては部屋に溜め込む。

「このままだと日本に未来はないよね」 ひろゆき著

元2ちゃんねる開設者、ひろゆき 西村博之氏

「このままだと日本に未来はないよね。」
ひろゆき著。

著者は、2チャンネルを開設した管理人です。

世界53か国を放浪?し、世界の他国とも比較?
クダラナイ掲示板と思っていたのですが、掲示板を開設した著者の発想は凄いですね。
同感でもあり、心に刺さった言葉。

オワコン日本。
1、消費税増税で負の連鎖が始まる。
2、投資家たちが怯えるババ抜き的状況。
3、日本企業に優秀な人材は集まらなくなる。
(能力のある人材に対しても給料が安い。)

 

世界情勢
1、嘘をついてでも大衆を動かせる人が勝つ。
2、「俺たちさえ良ければいい」という国の方が強い。
3、1人のおかしな人がきっかけで第三次世界大戦が起きる。

 

エンタメ産業はお金と時間を奪い合う「ゼロサム」

 

これからの時代をサバイブする方法。

1、全部を幸せには無理だけど、個人が幸せには良い時代。
他人と比較では無く、自分の幸せを見つける。
今の日本では移動も自由。

2、プログラミングの知識は将来を左右する。
ググってコピペでプログラミング。
論理的に考える。アルゴリズムを発想する。

3、他人と少しずれていた方が、ビジネスで成功して幸せになれる。
(みんなと同じ趣味嗜好は競争率が高くなる)

4、役に立たない仕事の方が儲かる。
衣食住は必需品。でも、それらを生産しても余り儲からない時代。
フェイスブック、ゲームなどはモノを造り出さない、役に立たないけど・・・大成長の大企業。

 

思考パターンが違う人こそ、フォローすると面白い。
コミュニケーション力が重要。

著書に加えて私自身の考えも入っております。

処方箋薬局、あまり必要無いよね

日本初「ロボット薬局」誕生 営業時間外も処方薬お渡し

日本初「ロボット薬局」誕生 営業時間外も処方薬お渡し 

 

処方せんを読み取り、ミスなく薬と取り換える…。

これは機械が最も得意とするマニュアル業務。

 

確かに薬剤師の役割として、間違った薬が処方されている疑いがある場合、医師への疑義照会義務はあります。

ですが、

患者のカルテ閲覧権もない、病歴も知らされない薬局が、処方せんだけ見て疑義を挟めるわけがない。

つまり、偏頭痛に禁忌の薬が、偏頭痛の患者に処方されていても、薬剤師は処方せんからは知りうる手段がないので、勘のよい薬剤師が気づいて質問でもしない限り、ダブルチェックの機能も果たさないのです。

一応、既往歴などを薬局に伝えてはいるが、患者は医療の専門家ではないので情報も記憶も曖昧。

 

 

薬剤師にとっても地獄。

 

「ほとんどの客は、薬局を『医者が出した処方せんと薬を取り換えるだけの場所』と思ってるから、ミスなく正確に取り換えてくれればよいと考えていて、キャリア2年目でも15年目でも、誰が担当かは気にしてない」(経営者)。

 

私も、院外処方になってから二度手間になった印象しか持っていませんでした。

診察が終わり、支払いが終わってから、またわざわざ院外にある処方箋薬局に行き、また初診だと問診票を書かされて、薬を貰うときに色々と質問をされて…

しかも、既に医者に説明した内容。

 

機械が最も得意とするマニュアル業務。

自販機化するのは当然の流れ。

 

 

日本BDによると、欧州中心に、既に約8千台が導入されているとのことです。

一方、日本ではまだ、薬の整理や管理、棚からの取り出しは薬剤師が手作業をやっているとのこと。

 

薬局経営者からしても、人件費削減ということでしょうかね。

 

処方箋薬局で働く薬剤師は、薬剤師の中では1番底辺だと医師の知人から聞いています。

学生の時の成績順に就職先が決まるのだけど、処方箋薬局はその中で1番最低だということ。

業務内容を知ってしまうと、納得です。

 

ただ、このようなことは他の業種でも増えていくのでしょうね。

 

「装置は薬剤が箱で払い出される箱出し調剤なので、梅田薬局では薬剤師が計数を行って残った薬剤の箱に新たなバーコードを貼り、ロボットが棚に戻す」

 

ロボに人が使われるというかロボの仕事の仕上げを人がやるというか→対物業務はロボットに任せる。これからの薬局ですね。

 

「このほかにも、梅田薬局では、新たな挑戦をする。医療モールの診療所全ての電子カルテと、薬局の電子薬歴を同じメーカーのシステムにして、患者の同意の下で、薬局が疾患名や検査値を閲覧できるようにする」