「親との関係性は、その人の人格を知る1つの大きな指標になる」

私の知人で、あまり親しくない40歳過ぎてる男性がおり、少しでも気に入らないことがある度に、「絶賛不機嫌中」とか書き込んでる人がいます。

ほーんの少しのことで毎回、

「ぷんぷん!僕怒った!」

「僕、不機嫌!」

「もう怒ったぞっ!」

 

みたいな。。。。(´・д・`)

 

以前この人が、

「今、愛車のドライブレコーダーを確認してたら、女性と出掛けた時に女性がトイレ行ってくるっていって僕の車をジロジロ見てるんだ!車のナンバーから個人情報ってわかるの?怖い!誰も信用出来ない!他にもこんな女がいた!ナンバーから自宅を調べようとしてる」

と言ってたことがある。

…大半の人はそこまでこの人に興味無いと思う。自意識過剰では?

周りに判るように不機嫌な態度を誇示するのも、20歳くらいまでだと思う。

確かこの人、母親と共依存で、洋服や下着を自分で買ったことが無いとのこと。

少子化だからか、こんな人多いです。 親も子離れ出来ていない印象。

他にも、
50歳近い男性で、

「女の人と連絡取ると母親が不機嫌になる」

と話していた人もいる。
これじゃあ彼女出来ないよな と思った。

40過ぎても母親に「ちゃん付け」で呼ばれていたり。

とある知人の歯科医も、患者さんが来なかったり、お金が枯渇してくると、

「おかあさぁん。。。。」

って泣き付いたり、同じく、母親からは「ちゃん付け」で呼ばれてる とのこと。

 

だからと言って悪い人はそんなにいないし、人の家のことだから、他者に迷惑さえかけなければ好きにしたら良いのですけどね。

ただね、
何歳になっても短気ですぐ不機嫌になる ってのだけは他者に迷惑がかかるから話は変わってくると思う。
子供の時から母親が下手に出て、息子のその態度を容認してきているのだろうね。

でも、母親には通用しても、他人は、

「この人おかしい」

って思ってるよ。
親は無償の愛だけど、周りは愛想つかしたら無言で離れていくのではないかな。

中には、彼女や妻に母親役を求める男性もいるみたい。ってか、多い?
女性にもこのようなタイプがいるらしい。

 

私が1つ気づいたのは、 「親との関係性は1つの大きな指標になる」  ということです。

例えば、親に対して偉そうだったり、とんでもない言葉遣いで話すのに、友達や恋人にはそうでないパターンがあります。
この場合、このようなタイプと結婚してしまうと、いずれは自分がその親に対する態度と同じ態度で接せられるようになる。

お母さんからずっとお金を貰ってきた男性が、結婚してから妻にたくさんの稼ぎを求めたりというのも身近で聞いています。

「お母さんは外で働きながら早起きして家のこともやってた!」

と、やたらとママ(笑)と配偶者を比較して本人に言ったりするのです。

つまり、内弁慶な人間は地雷。

これは、性別 年齢 関係ないです。

 

おかしいと感じる人がいたら、親との関係性を観察してみてください。

 

 

コメントを残す