「迷信は無知と貧困の関数」

御守りを大量に買ってくる母親 

これ、気持ちわかります。

ちなみに私は御守りの力や神の存在は10%くらいしか信じていません。

私の幼なじみが医師国家試験の国試の勉強をしていた時、
「集中できない。ダメかも」
と言ってよく電話がきたり会いにきたりしました。

私はすごく心配になりましたが、どうすることもできません。 せめて、息抜きに話を聞いてあげるくらいです。

私も当時、資格の勉強があったので、誘ってくれて一緒にその子の友達と皆で朝から晚までその子の医大の図書館で勉強をしました。

そして、幼なじみにだけ御守りをあげたのです。

が、結局不合格で、また1年、国試浪人してしまいました( ω-、)

やはり、御守りよりも本人の自助努力が大切ですね。

心が強くなるなどの効果はあると思いますが。

あと、神社仏閣巡りが好きという年輩の人がおり、時々御守り関連のものをくださるのですが、その方は2度破産しており、お兄さんさんも自殺し、妻とも離婚してしまっています。重い難病にもなっており、祖父母は生活保護です。

神頼みばかりしています。

本人の年収は少なくないので、支出やキャッシャフローがおかしいのでしょう。

歯科医の知人も、
母親もその子もかなり神社などに傾倒しており、よく地元の神社に寄付やお布施、歯科医院や自宅の神棚に毎日お祈りをしているとのこと。

でも、兄も本人も、妻が突然出ていって別居をして、弁護士を通して婚姻費用を請求された末に離婚している。
父親も家に殆ど帰ってこない機能不全家族のお家 という印象です。
元妻には、少し気に入らないことがあると「出てけよ」と言っていたとのこと。「それ、よくないよ」と注意したことがあるけれど、話を聞いていると「俺のカネで生活させてやってる」と話していた。

でもさ、妻もフルタイム共働きなのだよ?妻が家事も料理も全てこなしていたのです。
そりゃあ出てくわ としか思えませんでした。

歯科開業して2年経過しているけれど医院経営も上手くいっていない。
(別の、矯正の歯科医院は開業して同じく2年経ちますが、成功して既に8個もチェアが増えています)

あと、おカネもないし貯蓄もゼロ。やはりこの子もキャッシャフローがおかしいのでしょう。

いくら神頼みしても、歯科業界は過当競争に入っているから経営努力しないと客は来ない。お金の使い方もおかしい。

それと、
霊能力者のお婆さんが近所にいるという、保険営業員の知人も、かなり神社仏閣巡りが好きで、霊能力者に念力を入れて貰ったブレスレットなどをしたり、グッズを買って身に付けていますが、
やはり妻が彼氏を作って離婚を申し込まれて離婚しており、再婚しましたが、拒食症、目の病気などなど、次から次へと病気になっているのです。

私はこれらの人たちに 、

「そんなに祈ったり御守りを買っているのに、何故次から次へと不幸なことが起きるのですかね?」

と言ってみたところ、

「この力が無かったらもっと大変なことになっていた」

と、同じ返答が帰ってきます。

彼等と話していると、運や霊や神よりも、彼等の「思考」「考え方」「行動」「性格」
に原因があると気付きます。

考え方も他責思考だったり、自己愛が強すぎたり、情報不足だから努力の方向がおかしくて結果がでない という印象。
そんな土俵で努力しても結果なんて出ないでしょ。。。と明らかに解ることを続けてしまっていたり。

これに気付いてからは、私は御守りなどを買わなくなり、行動や思考パターンを意識するようになった。
でも、苦しいときは気付いたら神頼みしていることもあるので、私っていい加減なものですけどねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

あと、

ミニマムを目指しており断捨離しているけれど、部屋のガラスケースの中に古い御守りがたくさんあるのです。でも、もういらないなあ…。
御守りは一年しか効力が無いと聞いていますので、お焚き上げに持っていこかな?
でも、最近は神社でも環境や火災の件があるので、街の場合はお焚き上げではなく廃棄物として出すと聞いています。

周りで、神社やお寺好きな人に限って、案外不幸な人が多いのを見て思ったのは、神頼みは殆ど効果は無くて、自助努力が大切だと感じた。

努力+神頼みも合わせて行う なら良いかもしれませんが、あまり肩入れするものではないですね。

小林麻央さんや川島なお美さんも、金の延べ棒や祈り、気功などをしていましたが、亡くなりました

そもそも宗教や神様自体がこの世に多すぎる。

どれが本物なの? 全て本物なのですかねぇ?

祈ることによって心が強くなる等の効果はあるかもしれないけれど、神仏を信じすぎている人って、しょっちゅうお布施や寄付をしている。

見ていると腑に落ちないし、私はそれらにお金を使うことに価値を感じないのです。

私が世間知らずなのかなあ?間違っているかなあ?不敬でしょうか?(・_・;?

霊に関しては、霊体験をしたことがないので信じることが出来ませんが、仲良しの友達の数人が霊体験をしているので、否定も出来ない という感じです。

以前うちの事務所の待合室に、中世ヨーロッパ アンティーク調の椅子を置いていました。

事務所の運営スタッフではない私も、用事があったり応援だったりで一時頻繁に出入りしてたのですが、4人の相談者や顧客から、そのアンティーク椅子に「人が座ってる」と言われました。

4人のアプローチはそれぞれ違っていて、
「何か不思議なこと起こったりしない?」
「女の人がいるね」
とか言われました。

4人の共通点は、

元々の椅子の持ち主は、裕福な暮らしをしていた女性。
前の持ち主がこの椅子がとてもお気に入りで、いつもこれに座っていた ということです。
それと、悪い霊ではないから気にしなくても良い ということ。

ただ4人とも女性の年代や服装は違っていた。
まさか4人の霊が四交代で座ってるわけもないので、それぞれ違う年代の彼女の霊が見えていたのかしら?

一つ言っておきたいのは、
とっても素敵なこの中世ヨーロッパ アンティーク調の椅子って、
私が発注した「新品」のオーダー品なんです。。。(笑)

古い椅子の作り直しとかでもなく、新しい材料でアンティーク風に作られたもので、ほんとに200年くらいの年期の入ったアンティークに見えちゃう渋い色の「新品」なのですよ(笑)

あと、債務整理にくる人の中でも、
色々なタイプがいますが、大きく分けて二つのタイプに分けられます。

借金の原因となった行為について、悪いと思う人と正しいと思う人の二種類ですっ。

宗教や霊能力者への寄付や支払いで借金を作った人は、
「自分は正しい!」「あながわからないだけだ!」と言い張ります。

宗教で多額の借金を抱えた人の通帳は、振込先の宛名に個人名がたくさん記載されています。

宗教の会合や寄り合い、寄付でお金がどんどん出ていくからです。

月収20~30万円ほどの人が、月に10万円以上平気で使っている。もう少し収入のある人は、多額の寄付をしている。

必ず「あなたの寄付したお金はどこへいくのですか?」と質問します。

すると「え!?」という感じで相談者は驚きの表情をします(笑)

そして「信心に行っています」と答えます。

信心って言ったって、物じゃないんだから、冷静に考えれば、豪華な建物や上層部や霊能力者の個人的な消費に使われているのは明らかなので、おかしくないですかぃ?という話なのですが。

あと、高いお水や御守りを買っている人もたくさんいます。

まろんが「私が売る高い水も買ってくれますか?」と言うと、2度と来なくなります(笑)

大抵

 

以前、「近所に霊能力者のおばあさんが住んでいる」という子がいたので、興味で一緒に付いていったことがあるのです。

 

そこで私は、

 

「明後日、ストップ高する株式銘柄を教えて下さいな?明日、買いますので!!!」

 

と言ってみたら、

 

「神様との契約で、そういうことに霊能力を使ってはいけないことになっている」

 

と言っていました。

 

あと、とある地域で、高齢者が次々と亡くなった事があったのです( 高齢なので、次々に亡くなることもあるのに)。

 

地域で「呪われている」と言い出した人がおり、自治会のお金で祈祷師を呼んだところ、

 

「用水路に龍神が住み着いている」

 

と言われました!!!

 

…60万円払ってお祓いして貰ったそうです。

 

あと、うちの地域にある新興宗教の豪華な建物を見ていると、ベンツのリムジン、ハマーのリムジン、ロールスロイスファントムなどなど、

3000~6000万円級の超高級車が勢揃いしていますからね( ´・∀・`)

 

信心はお車に交換されていっているようです。

 

昔から「迷信は無知と貧困の関数」と言われてきましたね。

たとえ年収が数千万あったとしても、

そんな人たちは基本的に無知であり貧困なのです。

困った時に、何かに縋ろうとする気持ちも判らないではないですが、新興宗教や霊力に縋る人は、だいたい生真面目な人が多いようです。

困難や不幸や病気を少し茶化して受け流すということができなくて、そのまままともに背負い込んでしまうのですね。

 

至って不真面目な性格の私は、ただ「可哀想に」と眺める他ないのです。

コメントを残す