匿名掲示板に嫌がらせを書かれた時に開示請求という手があります

警察や弁護事務所にくる相談で、ネット掲示板に嘘の噂を書き込まれたり、顔写真を元にコラージュ画像を作られてネット上で拡散されたり という相談が年々、非常に増えているとのことです。 

理由は、愉快犯もいますが、職場での出世の妬みで嘘の不倫話と車のナンバーも掲載され、話が広まって上司に呼び出され「会社の不利益になる」と言われたり、 自宅住所と共に携帯電話番号を掲載されてあちこちから無数の無言電話がかかってきたり などなど。 




Facebookやmixiも、マイミクや友達にリアル友達がいる場合、そこからトレースしていくと本人を特定できてしまいますね。 

とはいっても、ミクシーはまだ安全度が高いと感じます。 Twitterなどはミクシーよりも炎上が起こりやすい。 Facebookはよく個人情報流出が起きている印象(笑)

やはり、 居住地 家族 勤務先 通学先 などは公開しないほうが良いです。

 話を聞いたところによると、気を付けている人であっても、過去に一時的にでもかつて自分で公開していたと いうことがよくあるそうです。 

あと、仲間内だけのやり取りだと思って気軽に公開していたものが、本人の意に沿わない形で引用されても、権利の侵害だとすぐに言うことはできません。 

そのため、法的保護をすることが難しいと感じることが多いので、SNSでの自分の情報は公開されているという認識で振る舞わなければなりません。 

例えば、 「自分には友達が少ない」と思っていてもです。

仮に自分の友達が100人であっても、100人の中の1人の人物に10000人の友達がいたら、その一人が転載すれば10000人に配信されてしまうことになります。 


でも、開示請求 というものがあります。

何かあっても匿名で嫌がらせ書き込みをした本人を特定することは可能だったりするので、泣き寝入りの必要はありません(´ー`)σ

一昔前までは「ネットに書かれたことは消せない。無視するしかない」と言われることが多くありました。

「不快なら見なければいい。無視すればよい」とか。


でも、それは今は正しくないと感じます。


まず、ネットの書き込みは適切な手順を踏めば削除できる可能性があります。

勿論全てではないですが、誹謗中傷されたものをただ我慢しなければいけないことはないです。

最近は、ネットに書かれたことは信用しないという考え方も少なくなりました。

例えば、新規の取引先候補が現れた場合に、ネットで企業情報や相手の担当者の名前を検索することは日常的に行われている時代ですよね。

そのため、ネットから得た情報といえども「一応確からしい情報」だと考えられるようになっています。

仮に、何かしらネガティブな情報があると、それが本当かどうかはさておき、すくなくとも「そのようなネガティブな噂がある」企業や人 だと捉えられてしまいます。


ネットが社会的インフラの1つとして利用されている現在、そこにネガティブな情報があるということは、社会的な不利益を受ける可能性に直結しかねないと考えています( ´_ゝ`)

私の知人がネットで誹謗中傷を受け、当時、弁護士に相談したら、本家某掲示板の削除を自力で行い消すことが出来ましたが、某掲示板のクローンの方(創設者とトラブルになりこの掲示板が出来た)が当時では、削除する手順方法を模索中で、本家と同じに消すことが出来なかったという経緯があります。 

仮処分という事も自分でアクションを試みたそうですが、運営者が海外で有る為、その国の登記を取り寄せ、日本語に翻訳して裁判所に提出 という事をやろとしたら、資金が無くて断念しておりました。 その知人は、泣寝入り状態になってしまった経緯がある悔しさがあったからこそ、弁護士費用を補てん出来る保険代理店になりました。

ちなみに、2ch.netではなく2ch.scだと削除の基準が厳しいですし。GoogleでもFC2でもそうですが、日本法人が存在しないサイトだと削除依頼や開示請求を本社のある国になるので裁判となると大変です。

その知人は、最初から諦めないで、やれるところまでやって、色々と勉強になったと話します。 

弁護士にお願いする事は簡単ですが、費用がかかる。

しかし、自力で行うと、色々なノウハウを収集するのは大変ですが勉強になったとのこと。 

「貴重な経験ですから、恐れもしなくなりました」と知人は今でも話します。 

後は逆SEOという手もあります。

アクセスすればするほど順位が下がるというもの。

これも、継続して契約しないと契約切れした途端に上位に上がるという事もありますからね。

自分でやることができますし、自分でやることによってかなり知識が増えますよ。

逆SEOもありますし、書き込み削除を始め、検索エンジンからの削除や風評被害対策業者に相談してみても良いです。

コメントを残す