霊能者を信じる不倫営業員

子供が欲しくない既婚男性の意見
http://news.livedoor.com/article/detail/10687515/?_from=linenews_social

これを読んで、すぐに思い出した人がいます。。。

■(私は、借金、不倫 、DV、モラハラ ギャンブル などによりパートナーに苦痛を味あわせた末の離婚(加害者側)には偏見があります。)

知り合いの、今46歳くらいの男性の方 N氏。
かなりの愛国保守。
歴史が趣味で、しょっちゅう歴史勉強会や古事記 日本書紀のセミナー、天皇崇拝、靖国参拝、神社 寺院巡りをしています。
3つ歳上の妻がいて 子供はいません。
外資の保険営業員をされていて、一応 旧帝大出身。

スペックはこんな感じです。

私は学生の時に異業種交流会で偶然 顔見知りになりました。私は、院生の時にお試しで作ったミニカンパニーの関係で異業種交流会に入っていたのです。このことはまたいつか書きます。

N氏とは、SNSでも繋がって、
私がある時、百貨店に サドルソープを買いにいくと書き込んだら、
N氏の会社が その百貨店の隣のビルなので、
『隣だから買って届けてあげます。ついでにお茶でも』と連絡がきたので、お言葉に甘えて 届けてもらい、お茶をしてお喋りをしました。

N氏にはお子さんがいないのですが、
何故かと聞くと、
『子供は いらないんです。自分の遺伝子が良いとは思えない。もし子供が犯罪者になったらどう責任取ればいいのかわからないし』と。

結婚式の話をしても、結婚式なんてしてない と。

色々と変なこと言うな と思ったけど、この時は深く聞きませんでした。
ちなみに、N氏の妻は自営業ですが年収は1500万円ほどで、N氏よりもだいぶ多いとのことでした。
N氏も奥さまもお酒が好きだから よく二人で飲んでる と言っていました。仲良しなんですね。

N氏は歴史勉強会や寺院巡りなどに誘ってきましたがN氏と行くことに興味無かったので全て断り、一度も参加しませんでした。今おもえば、結構しつこく何回も誘ってきました。

N氏は大人しい感じの人で、かなりの愛国保守で 日本や天皇 日本の歴史や 韓国の悪い話をよくしていました。
私は学生で時間もあったので、共通の知り合いの話をお喋りしていましたが、
たまーに 毒舌だと感じることがありました。

たくさん質問をしてみたところ、徐々に、
実は奥様とは家庭内別居だと話すようになりました。
意外でした。

しかも、保険の外交員だからいつも外回りばかりなので、出会い系で出会った女性と しょっちゅう勤務時間中にホテルに行っている話なども出てきました。

私は、奥様が可哀想だと思いましたが、

『そうですかーすごいですね。それで?奥さんにはバレないんですか?』

というと、『それは絶対にない』など、どんどん話すようになってきました。

しかも、
『先日は●君の上司の方と伊勢神宮に行ってきたよ』

と。

●君 という方は、私が結構仲のいい33歳くらいの税理士の人です。

電話で●君 にN氏のことを話すと、

『N氏は多分僕のことを好きではないですよー。あと、その上司は 僕が以前働いてた事務所で司法書士をしている、既婚の38歳の女性のことですね。美人な人だからな~。二人で行ったんだね。。。あの女の人なら断りそうなのに。
それにしてもN氏、信じられないと思ったけど、考えてみたら 女好きだよね。異業種交流会でも、いつも女性に話しかけてるやん?』
と。

なんだか色々とキナ臭いです。叩けば埃の出るおじ様です。

尚更、「奥様が可哀想」「 教えてあげたい」 と思いましたが、●君に 『そういうことには関わらないほうがいいからね』 と言われました。
そりゃそうですね。

N氏は、歳上の妻のことは放置で、年下の女性にあちこちでちょっかいを出している
ということでした。

N氏は腕に大きな数珠玉ブレスレットをしているので、それは何かと質問したところ、

『近所に住む霊能者のお婆さんに力を念じて貰ってある。5000円で買った。他にもたくさん持っている』と。

私は、このような能力は殆ど信じていないのと、5000円で買ってる時点でお金が発生しており、 ビジネスやん(°Д°)!
と思ってしまいます。

あと、献血が趣味だと言ってました。

私の中では 愛国保守のおじ様 だったのに、
不倫 … 霊能者の婆さん… だんだん見方が変わってきました。

歴史勉強会も、まともな勉強会も多いけれど、中には過激思想までいってしまってる人もいるようで。

あと、ちょうどその頃、私は引越があったのですが 買って新品のまま使っていない家電がたくさんあったので、知人の希望者に破格でお譲りしていました。
N氏は実はケチな人なので、値切って、こぞって しょっちゅう買っていきました。
それでも私も助かるし、N氏もお得でラッキーだったと思います。

ある日、

普段 N氏と電話をすることなんてないのに、夜10時くらいにかかってきて出てみると
全く元気のない声で、
『実は、妻に離婚を申し込まれてしまってね。全くそんな気配無かったからショックで。こういうことって、男同士には話せないから一人で抱え込んじゃって食欲もないです… 貴女なら気が紛れるかと思ってかけちゃったんだけど』
と(°Д°)

プギャーーー(`◇´)ゞ

あれだけ 出会い系で、仕事中に色んな女とホテル行って遊びまくってたんたから 因果応報、バチが当たったと思われても仕方ないでっせ(°Д°)!?!?

私は心の中で、

奥様よくやった!!!

と思ってしまいました。

詳細を聞くと、

なんと、奥様は「昔の元カレとヨリを戻していて、N氏と離婚したらその彼と再婚したいから離婚して欲しい」
と言ってきたらしい。

N氏との家は売却して、お金は二人で折半しよう と言われた とのこと!

ぉおおおおおおおヽ(・∀・)ノ

予想通り、
『絶対にバレてない』とたかをくくっていても、やはり奥様は気付いていて 少しずつ準備していたようです。

N氏も、
『そういえば少しずつ家の中のものが減っていた。今はまだ一緒に住んでるけど、元々 家庭内別居だから話すこともないし、離婚話をされて 怖くてこちらから話せない。食欲もない』

と。

あんなに楽しそうに他の女との遊びの話をしていたのに別人のようでした。
N氏は 引き留めたらしいが、全くダメ。

家を売却してお金は折半しようと言われたけれど、N氏はその家に住み続けたいらしい。

でも、
住み続けるには 奥様に 半額の金額、3000万円を現金で支払わないといけない
と。

『そんなお金はないので、家を出て どこかに一人でアパート暮らしになる』 と。

でもさ、
奥様も婚姻期間中に彼氏ができたわけだから、不貞で逆にN氏が訴えることもできるわけです。

でもN氏は
『同級生に弁護士がいるけど、こんなこと恥ずかしくて話せないし、もう喧嘩はしたくないから いいや。なんとか考え直して貰えるよう、こんど、近くの霊能者のお婆さんの家で 二人で話し合いすることになってる』
と。

その婆さんもまたキナ臭いな(;´_ゝ`)

私は、霊能者のお婆さんのことが気になったので訊ねてみたところ、
「病気が治る」 だとか 「不幸なことが起きない」 だとか言っていました。

でもN氏は、

妻から離婚申し込まれたり、
30代の頃、痩せたくて過食嘔吐症になったり
その他の病気もあって、

とてもその婆さんに力があるとは思えませんでした。

私はN氏に、
『霊能力があるのに、なんで次から次へと不幸な事が起きるんですかねぇ?』
と言ってみたところ、
少し不機嫌になって

『あのお婆さんの力が無かったら、もっと大変なことになっていた。念力を入れてもらったブレスレットの力にも守って貰っている』

と。

怖いぃ~ 愚か(°Д°)!

で、

数日もするとN氏から
『貴女のお友達で彼氏がいない、結婚願望のある子がいたら紹介して下さい』
と言ってきました。

しかも、
相手の女性が何歳であろうが、子供は絶対に作りたくない と言います。

理由は、N氏は両親とは不仲で 音信不通の絶縁状態で、
子供に親の遺伝子が出るのが怖いのだそう。

ただ、養子を貰って1から二人で育てるのは良いらしい。
でも元々 お子様のいる女性は 愛情が対等ではないから無理だと言っていました。

子供を作らない主義の人は、毒親だったり親と不仲だったりという背景のある人が多いときいたことがあります。
N氏も例に漏れず。

ただ。。。

まだ学生の女の子が、不倫がバレた末のバツイチの、アラフィフの、子供を作らない主義のおじ様を希望するかな???
考えてみればわかるものを…

厚顔無恥とはこのことです。

結局、
妻には捨てられ、N氏は現在 あちこちで『紹介して下さい』と言いながら新たな妻を探しています。

それにしても、
敵と味方を区別できない人が多いですね。

N氏の親の話も聞きましたが、おかしい親だとは感じませんでした。

どうも、N氏が霊能者の婆さんや過激な右翼に傾倒しすぎていることについて母親と口論になって絶縁したようでした。

こういう人は、
甘言を弄するクズに騙されて、苦言を呈する親兄弟、親友、まともな人には耳を貸さないのですね。

耳に痛いアドバイスを受けて『何も分かってない!』ってキレてる場合じゃないのに。
分かってないのは、敵味方の区別さえ付かない おじ様 自身。

愚痴に上っ面だけの共感をしてくる人ばかりを評価するから、ロクでもないと人と付き合う羽目になるんだよ。
ちゃんとした間柄の相手は、はっきり苦言を言うものだからね。

『あいつはわかってない わかってくれない』なんて言う前に、自分の人を見る目の無さを恥じてはどうかねー。

例えば、
もしタインマシーンがあって、小学校時代の自分にアドバイスができるとしたら、かなりの数の有益な助言ができるよ。
そして
その助言を若き日の自分が聞き入れなかったら『なんて馬鹿なんだ』と思わないかな?

年長者や親の提言を斟酌もせず『老害の説教』と拒絶するのはこれと同じだと思うんだけど。

他人ならまだしも、実の親の助言。

誰しも、小学生、中高生、大学生、社会人とステージが変わるごとに見える世界は変わってきたと思います。

それと同じように10代、20代、と世界観は変わって行きます。50代、70代ともなれば、きっと異世界でしょうね…。
加齢に伴う肉体、精神、価値観、ひいては世界観の変容を事前に知っておいて損はないと思うのですが…。

『時代が違うから』と年長者のアドバイスを拒絶するのは愚かだよ。
社会やテクノロジーが変容しても、人間の肉体と精神の加齢による変化は普遍的なのだから。

年長者の提言はこの先の急カーブを示す道路標識と一緒で、素直に傾聴した者だけが、人生の曲がり角を上手くコーナリングできるのかなって感じました。

ましてや、
N氏が下宿して大学に通わせてくれたのは両親。母親は内職して仕送りしていたそうです。
ご両親がどんな思いで学校にあげてくれたのか?想像に余りありますが、N氏は そんな親よりも、耳障りの良いことばかり言う霊能婆さんのほうを信じたのですな。

ダメ男に騙される女性や男性もそうですね。

「優しい男が好き」という女は多いけど、そういう女の求める優しい男って、自分に迎合し、甘やかしてくれる男なんだよね。
本人のために耳が痛い厳しいことを言える男こそ、本当に優しい男なのにね。
覚せい剤中毒者に覚せい剤を買ってやるのは、優しさじゃないと思うんだけどね。

親も同じで、
自分が思う以上に、親は子の適性を理解しているし、自分以上に自分のことを真剣に考えてくれていると最近よく思います。
だから、親のアドバイスは真剣に聞くべきで、
どうしても自分の意見を押し通したいなら、親を説得すればいいのですが、
N氏は 親すら説得させられない程度の内容や説明だったから 親を納得させられず喧嘩になるんですな。
50歳近くにもなって まだ気付いてもいないようでした。

N氏は、
そんな母親の言葉を、無視して戦って 絶縁し、
甘い言葉を囁く 霊能者の婆さんのほうを信じてしまったのですな。
戦う相手 間違えてましたねー。

妻に捨てられてからは、N氏は既婚者と絡まなくなりました。

そして、
既婚の男性の話をするとあからさまに不機嫌な嫌な感情を出して既婚男性の悪口を言うようになっていました。
嫉妬ですね。

世の中の不幸の大半は嫉妬から派生しているそうで。
そして、
嫉妬深い人間は、あらゆることを他人と比較し、積極的に不公平を探して出しては糾弾し、場合によっては存在すらしない不公平を妄想して憤怒するんだね。

『他人と比較してものを考える習慣は、致命的な習慣である』
ラッセルの言葉だよん。

彼のsnsのページを覗くと、
今日も 愛国保守と天皇陛下のお話で溢れかえっています。かなり過激です。

ユダヤの格言で、
「人は仕事がないと政治に関わり出す」 という言葉があります。
N氏のことです。

人生を幸せに生きるコツは、実は、公的なものにできる限り関わらないこと です。

政治や社会制度はあるがままに受け止めて、その中で上手くやれる道を探せばいいんだよ。自らプロとして関わるだとか 自分に直接関わりがあるものなら話は変わってきますが、
素人が政治や制度にくだをまくのは人生の浪費…。

遠くの事よりも、先ずは身近なこと!

N氏の場合は、
国の平和よりも まずは家庭の平和を守ったほうがよかったですよ(°Д°)

コメントを残す