何故、あの人は高級車を何台も所有しているのか?

買い物と自分の財力は関係ないですよ。使う為の財布があればいいだけです。

どういうことかというと、

会社経営していると、車を買うと払う税金が減るだけですからね。燃費なんか知らないですし。

一般人は何でもお金を貯めて買おうとしますが、それだと一生掛けても大したモノは買えないです。
スタートが違う。車だって1円も出していないです。

その辺走ってる超高級車は全部税金対策だと思ってくれたら良いです。
自分の資金では絶対買わないです(笑)

でも、自分の給料から高級車買ってる人は偉いですね。本当に車が好きじゃないとしないでしょうから。

ちなみに、会社名義で住宅を買って、そこに激安賃貸で住むというやり方は誰でもやっています。
豪邸なのに家賃5000円とか(笑)
これが横領や背任になるならば、寮や社宅は全部違法ってことになりますからね。

 

とあるマンションに、ある学校法人の理事長がいますが、一軒 1億2000万円を5軒所有しています。

もちろん、別宅の戸建てもあります。
車も高級車が30台くらい。

個人の資産は大したことないですが、全て法人名義だから出来ることなのですよね。

その学校法人は資産551億円。
高級車30台と一軒1億2000万円を5軒購入しても、法人名義で学校の資産から購入しているのだから、痛くも痒くもないことがよくわかりますよね?

 

普通に生きていると、日本ではずっと貧乏。

普通のやり方では駄目。

私は院を卒業して、東証一部の金融機関に就職して少しの間しか在籍しませんでしたが全て理解しました。

院の仲間は資産家の子息子女ばかりだったので、雇われ人では日本ではずっと貧乏だということは肌で感じていましたが会社では本物の富裕層としか接しなかったので、確信しました。

 

普通じゃ駄目。社会出て1年で理解しましょう!です。

日本の勤め人で金持ちなんて見た事ないです。
外国人の勤め人でお金持ちはたくさんいますが。

まあ、何故わざわざ法人作るか? という話です。

個人の所得税よりも法人税の方が安いし、売上からモノが買えるからですよね。

法人が無いと日本では絶対豊かにはなれないです。

会社作るのは早い方が有利。当たり前。

お金が貯まるスピードが違う。

勤め人がいつまでも生活が苦しいのは、何でも自腹だから。
それも、殆ど国に取られた残りから自腹なのですから、豊かになれるわけないですよ。

他にも、社会出てすぐ気がついた事はまだたくさんあります。

日本人は気が弱い方が圧倒的に多いです。
そんな中で、気が強いというだけでどんどん上にあがれます。
因みに、気が強いと基本的に横暴なので追い詰められる事が少ないです(あ、普段は気が強い必要は無いですよ。ひとには優しく です)。
その代わり、寄ってくる人が少ないので、常に自分から動く必要があります。待ってても誰も来ない。

周りに合わせる、理不尽に従う、すぐ謝る、 ←全部気が弱いから、搾取される側。

日本で豊かになる為には工夫が要ります。
ただ学歴を付けて就職するだけでは、駄目です。

勉強して、良い企業に入って、真面目に働け ←だれもがこのように教わりますが、これは金儲けではないです。

日本は、一流企業に入っても給料が安い。
普通の国ならば、一流大学を出たエリートは別格です。

弁護士もそうで、知人は東大卒後、米国の弁護事務所で下積みを積んだら、初任給は年収3000万円ですからね。
日本のイソ弁は、4大弁護事務職以外だと初任給の月給30万円くらいからだったりします。(余談ですが、弁護士同士が「いや~先生は優秀ですから」と褒め合うやつ、女の子同士が「かわいい」と褒め合う構図と似ていますね(笑))

海外のエリートと日本のエリートの初任給は雲泥の差。
日本が大卒初任給で一律にしている事自体、意味がわかりません(笑)

そもそも、大企業に入って、給料安くて、サービス残業で自殺だなんて、終わっている国。

東大卒で電通に入った故・橋本まつりさんも、24歳でパワハラ過労自殺されていましたが、日本ではこのような事例は闇に葬られた件も含めたらゴロゴロいますからね。

私のいた会社でも、とある支店の支店長が過労死しましたが、闇に葬り去られましたから💀年収1800万円貰ってこれでは…

今や、北京や上海のマンション一部屋 = 日本のビル1棟 の価格です。

中国の所得が上がってなければ、まずこうなりません。

中国の所得が一気に上がったのはここ5年くらい。
上海行くと物価が高くて驚きます。

中国の中間層は一気に日本の中間層を追い抜いたようです。

お手伝いさんで給料40万。 今や、中国が世界一の高給かもしれません。

このような現実を知らないと、いつまでも日本の方が上だと勘違いして、海外で恥かきます。

ちなみに、1番お金が貯まるのは無届け→つまり脱税。でもいずれバレます。まとまって貯まると税務署から「そのお金どうされましたか?」となる。なので絶対にオススメできません(笑)

中国のお金持ちが仮想通貨で海外に資金を逃がしていますが、これは恐らく政府も規制しきれないと言われています。

因みに、タックスというのは、世界には法人税が掛からない場所があるって事です。
そこにペーパー会社を作ってプール。

ZOZO前澤社長のように、普通は開示しないから見えないだけで、年収が一億円を超える富裕層は就労収入ではなく、株や不動産、運用による資産収入が大半です。
いわゆる「不労所得」であり、ここに課税強化しなければ社会保障は回らないし、消費税増税の合意も形成されない。本物の富裕層の税は安すぎる。
ちなみに、政治家や官僚たちは資産収入が多い人が多いので、課税強化はしないと予想。
日本はもう、権力を持つ人間が自分の権力を手放さないように制度を作り変える国になっているので、国民の声はどんどん届かなくなっていく。

実は、一般人であっても本当の資産家からはあまり税金取りません。
理由は、そのような人から多額の税金を取ってしまうと、海外に移住して日本から出ていってしまい、普通の所得の人しか国内に残らなくなるから。

日本人も昔は今の中国人並みに悪賢く儲けていたけれど、暴対法が出来たらすっかり中国人に奪われたようです。

北朝鮮にマフィアはいない…国がマフィア。
日本人がやってるインバウンドビジネスは全部ショボイのばかり。民泊とか浮浪者や犯罪者集めてどうするの(´□`; 三 ;´□`)って話です。

社会は健全には絶対にならないですね。それがわからないのがインテリの知識層。悪党潰すと違う悪党が入るだけ。健全にしたいなら違法ビジネスを全て国がやるしかないのでは。そうすれば誰も入れない。北朝鮮にマフィアがいないのと同じです。
毒を持って毒を制す。或いは 猛毒のハブはハブ酒にすると漢方薬になる。マムシも同じ。ある意味、田中角栄なんかは ヤクザの親分でしたもんね。

今となっては、日本で稼げるビジネスは中国人が気付いて奪われていますし(´□`; 三 ;´□`)

未来は、中国人に日本人が使われる気がしてならないのです。

「カネより命」とか言ってる人達の嫌な点は、自分の福祉や公共サービスを削られる事には執拗に反対する点。ホントはお金の重要性を認識しているということですよね。
それなのに清貧思想への病的なこだわりから、経済活動や促進は穢れといった発想を他者や社会に強要する点に尽きる。

まあ、日本は終わりの始まり。

みんな、研究者を責めないでね。日本の優秀な研究者が引き抜き放題。最高の環境と給与で働けるのなら、そっち行ってしまいますよね。
Panasonicに関しても、優秀な50代の技術者や研究者を大勢首切りをしたので、あの会社には大した人柄残っていない。優秀な技術者は、皆、中国の企業に高給で引き抜かれていってしまいました。
ほかにも、Amazon、Apple、Googleとかに引き抜かれている。
日本企業の研究者軽視が凄まじい。もう手遅れなとこまで来ている気がします。

日本の企業って「遣り甲斐が~」とかいって洗脳して遣り甲斐搾取し、給与で還元しない。還元されるのは経営者と株主だけ。

優秀な人や、世の中の役に立っている人には、きちんと給与で還元してあげないと気の毒でならないです。

コメントを残す