あおり運転を受けた&停車させられた時の対処法

煽り運転をする人間って、

「やられたから、やり返した」とか、まず「俺は悪くない!」から始まるのですよね。

その次は「自分だけが悪いんじゃない!」

 

煽り運転の中でも、他者を停車させるほどの行動を取る運転者というのは、かなり危険な精神状態にあると言えます。

 

このような相手とはまともに会話すら出来ないので、警察に介入していただくのが安全です。

大半は警察官の到着前に逃げ出すことが多いですが、

もし、車を蹴られたりガラスを割られたりした場合は器物損壊罪になるので、ナンバープレートをメモしておきましょう。

ドライブレコーダー、重要ですよ!!!



「このようなことをしてくる人は、偽造ナンバーかもしれない」

と思うかもしれませんが、偽造ナンバーの車は、自分の素性が明らかにされることを極端に嫌うものですので、

警察官が介入するような状態を自ら作り出すことはまずありません。

ナンバーだけでも控えておくと、簡単に登録者の身元が割れます。

 

警察の捜査も、その後スムーズに進みますので、ナンバーを忘れずに控えて下さいね。

 

そして危険な行動に出たりします。

 

車線を大幅に逸脱するような過剰な煽りかたや、前方に出て急ブレーキを踏んできたり、それを避けた車を執拗に追い回したりといった行動です。

 

もしこのような運転者のクルマに遭遇してしまった場合の対処法について書いていきたいと思います。

 

まず、すべてのドアにロックをかけ、自ら車を路肩に寄せてハザードランプを点灯させて、停止させます。

このような処置を行うと、大半の煽ってきたクルマは、「勝った!」と思って満足して走り去っていきます。

 

しかし、

 

もし、煽ってきた車も一緒に停止してきた場合、相手のドライバーは降りてきて、ものすごい剣幕で怒鳴りながらあなたの車の運転席の横に来ることでしょう。

このような状態になった場合、絶対に相手と目を遭わせてはいけません。

そのまま携帯電話で110番して下さい。

110番の経験が無い場合、とても緊張してしまうと思いますが、大丈夫です!

 

 

警察は「事件ですか?事故ですか?」と聞いてきます。

 

そしたら、落ち着いて、現在の状況をそのままお伝えして下さいね。

 

その間も、降りてきた運転者がわめき散らしたり、窓ガラスを叩いたりしている可能性がありますが、そちらにマイクを向ければ、警察も、より状況を把握できると思います。

 

ドライブレコーダー、重要ですよ!!!

 



 

煽り運転者に対する対応について指示がある場合は、それに従って下さい。

 

携帯電話で110番に発信した時点で、警察の通信司令部に位置情報と地図データが共有されますので、周囲に目印が無くても警察官が急行してくれます。

落ち着いて待つことが大切ですよ。

 

この時、

 

「絶対にドアロックを解除しないこと」

「絶対に相手と目を合わせないこと」

 

この状態であれば、大半の人は何もしてくることができません。

 

つまり、

完全に無視をして、車内で待機する

 

といった防衛手段を有効にして下さい。

 

ぜったいにやってはならないことは、

窓を開けて相手と会話したり、話を聞こうとしてしまうことです。

 

話をしてもまともな会話はできません。なぜかと言うと、このような行動を取る運転者というのは、興奮状態で、正常な会話は出来ないからです。

違法薬物をしていたり、精神疾患などがある場合もあります。

 

会話が出来ないどころか、危害を加えられる場合もありますので、車外にでたり、窓を開けては絶対にいけません。

 

煽られた側の人間もかなり腹が立ちます。

特に、車外に出て話をつけてやるというようなことになると、相手が凶器を持っていたり、殴り合い、暴行される ということになるかもしれません。

 

そうなると、喧嘩両成敗となり両方とも起訴されることとなります。

 

そして、その場から逃げようとしても、進路を妨害されたり、前後に立ちふさがられたりして、進路を妨害してくることもよくあるパターンです。

 

無理に脱出しようとして、煽り運転者に接触した場合は、面倒なことになりますので、車は可能な限りは動かさない方が懸命ですよ。

 

ただし、

これが高速道路の本線上などである場合は話は変わってきます。

相手が出てきて車を叩かれたりわめいてきて、こちらが逃げようとして前後に立ち塞がれてしまったら、相手の人間を車両でゆっくり押し退けて脱出しても問題ありません。

 

刑法に「緊急避難」という項目があります。

物や人から生じた現在の危難に対して、自己または第三者の権利や利益(身体、生命、財産、または自由など)を守るため、他の手段が無いために、やむを得ず他人やその財産に危害を加えたとしても、やむを得ずに生じさせてしまった損害よりも、避けようとした損害の方が大きい場合には、犯罪は成立しない

 

という事になっているからです。

 

道路交通法で「停止してはならない」と定められている高速道路の本線上で、無理矢理停車させられた場合、

高速で走行する後続車に追突される危険性が明らかなので、切迫した身体及び生命の危機であることが明白です。

命の危機に該当しますね。

なので、そのような煽り運転者に必要最小限の接触をして脱出した場合でも、何ら罪に問われる事はありません。

ただし、

不必要な急発進などでその人間を跳ねて死亡させた場合などは過剰防衛であるとされ、刑事的な責任に問われることがありますので、

あくまでもゆっくりと、人を押し退けるような速度(ゆっくりあてながら押すような感じ)で発進させることが重要です。

その程度の力であれば、こちらが不利になるような怪我を負わせずに済みますし、

比較的安全に脱出できると思います。

 

高速道路や踏み切りの上などで停車させられた場合、このような手段での緊急避難が求められますので、あくまでも自分や同乗者の身体と生命を危険から守るための必要最小限の緊急避難であると念頭に置いて実行する必要があります。

最も安全なのは、自ら車を路肩に止めてしまい110番通報して、警察官の到着を待つことが理想です。

 

自分の身や生活を守るためにも、ドライブレコーダーで証拠を残すことは大切です。



コメントを残す