とある投資家の言葉

負担、義務、束縛、借金、これら悪👿

 

負担や義務があると軌道修正すべきだと気づいても、動きが遅くなる。すぐに契約の範囲であるいは契約の見直しを求めて解除を求めるべし。次から気を付けよう。

 

束縛があると本当の自分に目を背けることになる。すぐ逃げるべし。

 

借金は長い。すぐに返すべし。

 

 

方法論を立てる所で多分差がついてる。

というのは、何が当たるかというのは、人生経験が少ないとよくわからないから。

私もそうで、何が本質なのか全然ピント来ないからとにかく空回りしていました。

だいたい私も含め、若い子が考える理想と現実のピントはずれている。

 

解決する方法は仮決めでいいから大量に動いてみるしかない。

 

日本ではちょっと面白い事でもすると妬まれる。

中途半端に恥ずかしそうに自慢したりためらいながら目立つと嫉妬民が攻撃してくる。

そもそも、ちょっと上の何かを見た時に素直にいいな、私もなろう、見よう、食べようとか思えない人は成功しない。

やっぱり何か一つでも二つでもある分野に詳しい人ってのは重宝されますよね。

益々今後の時代ではそれが重要視されると思っております。

昔からスペシャリストとゼネラリストってのは議論がありますけど。

今後はどちらかというと時代的にスペシャリストではないでしょうか。

スペシャリストは脚光を集めやすい今だけの思考や気分で一生を左右することが得に結婚と借金だと思う。

両方とも無理やり取り消すこともできると思うけど、特に結婚を取り消すのは子供にだけは本当によくないです。

物事の良い面だけ見ちゃダメ。それは思考が浅はか。

独立や起業だって良い面だけじゃない。悪い面も含めて大切にしていけるか。

 

無借金で身軽で家もなくてシンプルな構造で束縛もなく会社だけ持ってシンプルなビジネスやってる人が今後は強い。

突然チャンスが来た時にいつでも自由にどれにでも乗れるからです。

 

重い負担に縛られている人は機動的に資金も時間も動かせない。

 

チャンスに乗るために大切な事は、

身軽さと余ってる現金と暇な時間

 

時間貧乏にならないようにしないといけませんね。

 

 

これはダメあれはダメと言うと誤解されるかもしれませんが、実際リカバリーできない失敗ってないんで。じゃんじゃんして下さい。破産しても逮捕されても倒産しても離婚しても訴訟されても何とでもなる。

ただずっとそのままでは良いわけではなく改善は必要。

 

人生最強にすると決断できた人が次にすることは、戦略を立てる事。

ただぼけっとやみくもに行動しても成果は出ない。時間が無駄になるだけです。

何をやって何をやらないか、このやらないことをまず決め、次にやる事を「どう」やるかそれも「徹底的」に。

その徹底的にやる方法論を定める事。

 

 

人生に遅いなんてことないです。

あと10年でも生きる命が残ってるなら今日から変えるべき。

変えるべきだとわかっていても変えないなら当然変わらない。

人には変わらなきゃいけない時ってのがある。

 

まず素直に憧れを持つ事。

ヒーローを自分の心の中に持つ事から。純粋な人は最強。

 

以前、家電量販店の派遣バイトの男の子とお喋りしていたら、

「勉強なんてしても意味ないよねー」

「車なんて軽でいいじゃんねー」

「金持ちは性格悪い」

と言っていたけれど、本当は妬み嫉みがあるのだろうなあと感じた。

言葉で上の人間を批判して自分を保っているのだろなあとしか感じられなくて哀れだった。

叩いているうちは一生何も変わらないでしょうね。

 

 

 

節約=我慢ではない。

 

「資産を手放す方が苦痛で仕方ない」

 

そう思えたら少しづつ行動が変わります。

 

同じことをしようとしても、視点を逆にすることで、捉え方がガラッと変わる。

日本に生まれるとお金の教育を全く受けずに大人になる。資本主義に生れながらお金について知らない民族。

 

・お金に対して不安を持っている

・お金に対して嫌悪感を持っている

・お金を怖がっている

 

そんな人生、送りたくないですよね。

コメントを残す