今後はAI 5年後、高学歴の大量失業時代が到来 

今後はAI 5年後、高学歴の大量失業時代が到来

http://news.livedoor.com/article/detail/15181398/?_from=linenews_social

あとたった5年しかないのですね。

ひろゆき氏の言う通り、ベーシックインカムかなあ。米国などでも一部の州で試験的に導入され始めましたし。

 

AIの技術に関しては、

既に目と耳は完成しており、あとは手だけだそうです。

職人仕事は安泰だと思っていたけれど、手の技術が完成してしまったら…

 

 

【人間の脳が5〜6層なのに対して最新のAIが2000層だとすると、ケタが違いすぎて凄いというよりも、何だか不気味な感じがします。

コンピュータには力技の限界がない。疲労を知らない。脇見をしない。やはり人間は分が悪いですよね。

AIがかかわるのが頭脳の領域であることを考えると、たとえ高度で専門的な知識が必要な職業であったとしても、将来がずっと保証されるということはありません。AIの進化によって専門職の人々の仕事環境は様変わりし、10年後には今の仕事の半分はなくなっているかもしれないからです。

AI社会の到来によって、エリート職種とされてきた仕事の多くが消滅の危機にさらされるでしょう。

 

これからの仕事は「ホワイトカラー」と「ブルーカラー」という分類ではなく、「クリエーター」と「サーバー」という分類になるといわれています。クリエーターというのは何も芸術家とかではなくて、「プログラムコードを書く人」という意味で使われています。その一方で、サーバーというのはサーバント(=召使い)であって、「規則に基づいて、決められた仕事をこなす人」のことを指しています。】

 

 

日常だと、

スーパーに買い物に行ってもそれを感じるよ。ほんの5年前までは、こんなにセルフレジは存在しませんでした。

今は、スーパーに買い物に行っても、レジ打ちしてくれる店員さんのいるレジは3台ほどで、あとの8台はセルフレジが設置されており、監督している店員さんが1人配備されているだけだったりします。

支払いも、クレカかスマホ決済で、キャッシュレス。

 

政府は2025年までにコンビニを完全に無人化すると公言していますよね。

時々、在庫補充する人が来るだけになる?

支払いも電子決済になるのよね。

 

 

 

先生はAIロボット 英語の授業で試験的実施へ 文科省 | NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180819/k10011581781000.html

どこもかしこも、人間を雇うよりロボットにしたほうが安く済むからって、このようになっていくね。AIは自動学習能力まであるからなぁ。

そのうち、東進みたいに撮影した授業だとか自宅でネット授業になったりして…

 

 

 

https://youtu.be/RPJ6NAEO9nM

確かに橋下さんのいう通り、役所にAIが入ったら戸籍などの窓口も全て不要になる。マイナンバーで情報が一元化されて各種手続きが簡略化されると役所の公務員の方々は殆どの業務がなくなり、人数要らなくなるのですね。

無理矢理業務を増やすのでしょうか。

それも限界では?

 

公務員はあと10年で人気職ランキングから外れるという予想が根強いですが、こういったことも理由なのですか(・・?

 

 

未来予測をある程度していかないと、後から「しまった!」ということに成りかねない。

郵政も国家公務員だったのに民営化されて自殺者がたくさん出ましたからね。

 

どこかで「大丈夫でしょ」と思っている自分もいますが、

国が動き出すとあっという間です。

コメントを残す