暴力反対派です

本人がOKと言えば、暴力指導はパワハラにならないか? https://news.yahoo.co.jp/byline/sasakiryo/20180829-00094955/

 

【動画】「暴力映像」 https://sp.fnn.jp/posts/00400330CX ;

 

これが指導…?単なる感情に任せたDV癖では(笑)

 

「愛の鞭」「愛があるからこそ殴った」と理由付けし出すと何でもアリになってしまいませんか?年間にどれだけの子供が虐待死してるの…。そういう親って必ず「躾の為」「言うことを聞かないから」と言いますよ。今この瞬間にも、「躾のため」との名目で無駄な暴行受けてる子がいるのだろうなぁ(本当に危ない時に、例外的に なら仕方ないですが)。

 

 

宮川選手は、偶然結果が良ったから「殴られたから高成績が出た」と勘違いしているだけ。結果が良かったのは本人の努力。

暴力関係ナシ。

 

私には、マインドコントロール状態のDV被害者と同じにしか見えません。

 

DV被害者って、夫や恋人に殴り倒されていても、

「本当は素敵な人だから」

「良いところもあって」

「殴られることをした私が悪い」

と、

必ず擁護し、周りが「おかしいよ」と引き留めても自らその暴力者の元に行くのです。

 

宮川選手も同じ構図に見えてしまいます。

 

宮川選手には、殴り倒さなくとも、言葉で説明すれば理解し、努力できましたよ。

犬や猫、馬じゃないんだからさ。

 

 

【「体育会系だから」ということで、なんとなく見過ごされていたことが、おかしことはおかしいということで、クローズアップされることはいいことだと思います。】

 

私もそう思います

 

 

暴力指導肯定派の人は、

 

「今までやってきたことだから当然」

 

「どのスポーツでも当たり前のことだ」

 

「自分もそうやって指導されてきた」

 

「高校野球の練習だって、炎天下で練習していても誰も助けてあげないじゃん。なんで暴力だけ言われないといけないの?」

 

などなど。

 

 

 

 

例えば、部活の生徒が暴力事件を起こしたら公式戦出場停止になったりするけど、教える立場のコーチが教え子に暴力を振るっても、

 

『教育のため、精神を鍛えるため、試合に勝つため』

 

と正当化されるのって、完全に頭がおかしいと思うのですよ。

 

暴力を振るわずに指導できるように、まずはコーチの教育が必要では…。

 

それに、

暴力って無駄ですよ。

 

 

暴力を振るったら選手や生徒の成績が上がる統計ってあるのですか(・・?

 

日本や韓国は上下関係の国ですが、

他国はコーチとの関係がフラットだと聞いたことがある。

「日本特有の、根性論 精神論 が無くて、暴力指導も無いけれど、日本と成績変わりませんよ」

と。

 

 

 

あと、

『本人が納得しているならば暴力指導はパワハラにならない?』

 

って話についてですが、

法律的な解釈はともかく、本人の納得とは関係なく教育現場における暴力は犯罪であるという社会風潮にしていく必要があるのでは。

 

暴力指導を是として受け入れた教え子は、将来的に暴力指導を是とする教育者になってしまいますよ…。

 

私はよくいろんな知人に「親に叩かれたりしたことある?」と質問するけれど、「一度もないよ」「本当に危ないことをした時に少しだけ」という子って案外多いのです。優しい子が多い。

 

必要以上に叩かれたり殴られて育ったり、教師に無駄な体罰を受けた子のほうが暴力的な印象あります。

「人は、自分がされてきたようにしか他者に接することが出ない」ということからしても仕方ないのかな。

 

 

 

暴力指導は、

言うことを聞かず、他者に暴力振るったり迷惑行為ばかりを起こす不良にのみ、最終手段で使う で良いと思う。

 

言えば理解できる子、真面目に努力できる子に、わざわざ無駄な暴言や無駄な暴力を振るう意味ってあるのですか(・・?

 

だから、体育教師や一部のスポーツマンは「脳ミソが筋肉で出来ている」などと笑われるのでは(笑)

 

 

野球でいえば、星野監督。

でも、

野村克也監督は頭脳派。

 

星野監督はのような気合いばかりでは限界あるのでは。

 

 

以前テレビで、

子に対する暴力は必要か?不必要か? を、中卒ママ vs  東大卒ママ が議論していたのですが、

 

中卒ママは一様に「暴力必要」派ばかりで驚きました。

 

理由は、

「叩かないと解らないこともある」

「痛みのわからない子になる」

 

 

東大卒ママは、

 

「暴力を振るうと長期的には信頼関係は築けない」

「子は、叩かれることが嫌で言うことを聞くだけだから、本質的には理解していない」

「暴力を使わずに、子が理解できるように教育するのも親の器量。暴力を使わなければならないのは親の能力不足」

 

 

私は東大卒ママたちの意見に賛成ですね。

 

知人も、

「子供の頃に、勉強しないと父親に殴られたけど、絶対にあってはならないことだ」

とよく言っていて、

その暴力が原因で今でも父親と折り合いが悪い。

 

 

 

 

 

私は、この方の意見に完全同意です

宮嶋泰子氏が「塚原バッシング」に批判 「目を覚ましませんか」

http://news.livedoor.com/article/detail/15270155/?_from=linenews_social

コメントを残す