医療経営にも文系知識は必須

医療の子って案外、金融機関やコンサル 士業の養分になっていますね。

相手が資格持ってる人だからって鵜呑みにしてたり。

 

見ていると可哀想になってきます。

開業したら会計学と経営学等の文系の知識が必須ですが、それらの知識がないから他人頼みになっている。

しかし相手は究極、金儲けですし、残念ながら良くない人もいます。

中央省庁の官僚に医者をはじめ、理系でもなれますが、トップに立つのはほとんど文系卒の官僚でしょう。

そういった意味では、医師は「技術屋」とも言える と医師の子が話していました。

 

 

医療は社会主義に近いから社会の本質わかりづらい

結果、世間知らずな人が多い。

だから養分にされるのかなーと💦

医師の場合は、元々裕福だったり、勉強ばかりしてきているので世間知らずだったりします。

 

開業する子も多いのだから、学生の時に医療経営の授業を選択で少しだけでもやっても良さそうです。

医師も、開業したら急に経営者もやらなきゃならなくなるわけですが、話していると、なーんにも知らない人が多い。

で、
開業して利益出していても結構な額を気付かない間に搾取されてたりしている。

本人は気付いてもいない。

「あなた任せ」ではなく、多少は自分も理解していないと嵌め込みに遭いやすくなりますね。

 

何事も、

 

 

他力本願

依頼心が強い

他責思考

 

 

は危険ですね。

コメントを残す