急性腰痛症(ぎっくり腰)になるとどうなるのか?

現在、軽いぎっくり腰です( ;∀;)

実は、去年に人生初めて、「急性腰痛症(ぎっくり腰)」になりました。

自宅で、三人掛けの大型のソファーを二人で持ち上げた時に、数歩歩いたら突然腰に激痛が走り、その場にダーーーーンッとソファーを落下させてしまいました((( ;゚Д゚)))

激痛のあまり「くの字」の体勢のまま動けなくなり、
「床に転がって!」と言われたけど、痛みで転がるのも一苦労……

這ってなんとかベッドにたどり着き、横になりましたが、横になっているだけでズキズキ痛い。

寝返りすらも激痛で苦痛。顔がひきつります(ノдヽ)

トイレに行くことすら、壁を伝ってちょこちょこ歩いていました。

その三日前から少し腰に鈍痛があったのですが。

1日経つと少し良くなり、
2日経つとかなり動けるようになってきました。

この間に、内分泌科で医師をしている親切なお友達が、心配してくれて毎日「大丈夫?」とlineをくれました。

「2・3日安静にしたらいつも通りの日常生活を送ったほうが良いよ。身体をかばいすぎて安静にしすぎると筋力が衰えるから。良くなったら体幹を鍛えるトレーニングをするといいよ」とのこと。

ちなみにこの子も大学生の時に腰を痛めたことがあるのですが、翌日にバレーボールの試合があったので無理して試合に出たところ、腰椎椎間板ヘルニアに移行してしまったのです。

それ以来、年に数回、ぎっくり腰が起きるので、あまりにも酷いとペインクリニックにてブロック注射をしてもらったり、神経を焼いてもらったりしていました。どれだけ姿勢を変えても靴下を履けなくなると話しています。

現在、体幹を鍛えるトレーニングをしており、ぎっくり腰が起こるのは年に1回ほどだそうです。

 

私は腰が心配になり「整形外科に行ってみる」と言ってみたところ、

「うーん、整形外科に行ってもせいぜいレントゲン撮るか、良くてCT撮って湿布が処方されるくらいだよ」

とのことでしたが、念のために地域の整形外科に行ってみました。

受診したところ、ヘルニアなどの兆候は出ていないということで、レントゲンも綺麗だったので、リハビリ室にていう理学療法士の作ったメニューで体幹を鍛えたり、筋肉の固まりをほぐすようなトレーニングを覚えましたが、自宅ではサボり気味。
しばらく鈍い痛みが腰に残っており、治りきるまで3ヶ月かかりました。

でもこの日以来、時々、腰や脚に鈍い痛みのようなものが出るように( ;∀;)

2度とこんな思いをしたくないと思い、日頃から無意識にそちら側の腰を庇うような動きになっているように思います……余計に歪みが出そうです。

 

そして、

一昨日、無理な動きをしたからか、数時間後から腰に痛みと違和感が出てきて、歩くのも辛く、腰が痛い状態に。

ここのところ、かなりの疲労と寝不足がありました。
筋肉が疲れていると起きやすいようです。

体の不調が重なると、ちょっと元気なくなりますね。
体に悪いところがあると、健康な当たり前の日常は当たり前ではないのだと思い知らされます。

あと、レントゲンを見た時、私の背骨は少し歪んでいました!
歪みは誰でもあるそうですが、歪みは治したいです。

皆様は、ぎっくり腰など、やったことはありますか?

 

  • 日頃から、中腰や、同じ姿勢を続けてしまうことは避けて下さい。
  • あと、ストレッチをして筋肉などを柔らかくしておくこと。
  • 冷やさないこと。
  • 体幹を鍛えておくこと。

 

これらが予防になります。

コメントを残す