成功し、豊かな人生を送りたいなら家族を大切にすること

米国で、ユダヤ人に対する銃撃が度々起こりますね🔫

それにしても、優秀な人は真っ先に狙われていますね。

「あいつを潰せ!」って。

でも、力持ってる人に支配されている優秀な人は狙われていません。
他人が作った会社に所属していると喧嘩も出来ませぬ。煩い人がすぐ止めますから。

起業は地獄 って言っている人もいますが、「そんな人が何で起業するの?」っていつも思います。戦争が大好きだから起業するのでしょうか(笑)!?

そもそも自分が起業しなくても世の中回っていたわけです。

そこに新たな会社(医院なども同じ?)が出てきたら、同業者にとっては邪魔でしかない。

そりゃあ、周りは潰しにかかる。「あんた、邪魔!」って。

それが起業開業。

昔の武士だって、力の無い武士が城を作って領土を主張したらすぐ殺される。
それが世の中です。

田舎の飲食店でも、大成する人は町興しなんかに関わっていません。
シャッター街で真っ暗ならば、自分のお店をいくつも作って繁華街作ってやっています。
ラーメン店からキャバクラやクラブまで全部自社でやって繁華街を作っている経営者は田舎によくいます。

こういうのは田舎の方がやりやすいそうです。

 

都会は場所取りでどこも必死。

田舎は場所ならどこでも空いていますから手間が省ける。
ラーメン店からキャバクラやクラブまで全部自社でやって繁華街作ってる人は田舎によくいます。田舎の方がやりやすいからです。

今の日本人は、死ぬまで親兄弟の悪口を言って個人戦を延々とやっている人が多いです。
周りをみていると、うだつが上がらない人はそういう人ばっかりです。

25歳過ぎ、ましてや30歳過ぎで親に文句だなんて有り得ないです。
その歳だと、下手したら親が亡くなられている子だっていますよ…?もう、親に恩返しをする年齢なのでは。

自営業でも、家族で力を合わせてやってるところは伸びています。

汚ないホルモン焼き屋さん(失礼!)でも、家族で力合わせれば5店舗なんてすぐです。

ちなみに、居酒屋さんでも3店舗成功させれば年収1億ですからね(この場合、自分が現場で働いていてはダメで、経営側に徹することが大切)。

大塚家具、貴乃花… 家族バラバラの末路があれですよ(笑)
内田裕也が家族バラバラじゃなかったのは笑えますが(笑)

米在住のユダヤ人は日本でいえば在日コリアンと同じような存在。こう例えると日本ではわかりやすいです。

因みに日本では有力な在日コリアンや在日チャイナと組むのが成功への近道だそうです。
多くの人は民族系バンクが得なのを知らないです。それプラス有力な在日と組んだら資金には大概困らない。

米国ではユダヤ人の大物と組むのが成功への第一歩。それと同じ。

何故、ユダヤ人や在日がどんどん成功しているのか?まるで見ていない人が多いです。

その、良い面を真似すれば誰でもそこそこ成功出来ると思います。

日本人は何故か個人戦ばかりやっている人が多いです。

ユダヤ人や在日の方々は一族で戦う。だから勝って当たり前。

日本の大企業も基本ファミリー。一族ばかり。

マフィアだってファミリー。ファミリーになるから力も資金も集まる。

核家族も、本当は家制度の破壊でしかないのかもしれません。

核家族化したら「保育園作れー!」っていつも文句ばかり。

力が無いからそうなる。

力や資金力があればベビーシッターを個々が雇って終了です。

ただ、家族や配偶者であっても、パフォーマンスが下がる人といたらダメです。

テンションとモチベーション低下でやる気と集中をそがれます。

 

結局、嫌な人と関わらない自由が経済的自由の一側面でもありますが、自分の気持ちが下がる人間には断固「No」と言い、本日中に切らなければなりません(笑)

それが次に進むための環境の構築と言うもの。

時に家族であってもそれは同じです。

というのは、本人が「この人といたら自分は伸びない」と、薄々察知しているにも関わらず、自らの恐怖や保身、馴れ合いや情を持ってして、ダメな相手と居続けてしまう人が多いからです。
毒親、鬼嫁、ダメ夫なんてのも世の中には存在するようですが、人生は一度しかないですからね。

でも、まともな人が家族の場合、家族は愛する対象。

私の周りでは最近、配偶者や恋人からのモラハラやDVに苦しんでいる知人が何人もいます。

家庭を省みずに欲しいものをどんどん購入してしまっていたり…。そういう人って、なんでわざわざ結婚するのですかね?
結婚せず、恋人も作らなければ自分だけのために遣いたい放題ですが、まあ、我が儘なのでしょう。

何故、大切な家族にわざわざモラハラやDVをしてしまうのか?
加害者の思考や生い立ちには様々な背景があると思うので、簡単なことではないかもしれませんが、中には、配偶者を大切にするのではなく、自分より下だとみなして暴言やキツイ言葉を浴びせかけるような配偶者がいるようです。
恐らく、そのような人は、「家族のため」と耳障りの良いことを言っていても、自分のことが可愛いのでしょうね。自己愛が強すぎる一方で自信の無い人。

あと、様々な事例を聞いて気づいたのですが、
親に対する態度や物言いが酷い&高圧的&偉そう な人は、恋人や配偶者に対する態度が、親に対する態度と同じになります
これは一つの指標になると思います。

その態度が、恋人のうちに露見するのか?
結婚してから露見するのか?
子供が産まれてからなのか?

など、時期が違うだけなのでは?と。

まあ、見ていると、大抵は、遅いか早いかでそのような配偶者や恋人からはパートナーは逃げ出しています。或いは、ダブルバインドによって洗脳されるか、一生我慢して生きていくか。

案外、身近で起きていることです。

 

家族って、社会の最小単位ですよね。

 

成功したかったら家族を大切にして力を合わせることだと感じます。

コメントを残す