選択→決断 捨てる部分にも意識して生活して行こう

先日、尊敬する方からとあるお話を聞きました。

 

日々の生活というのは選択の連続ですよね。

この「選択」についてです。

選択って何かを選んでいるわけですが、「裏を返せば何かを捨てていることになる」

ということでもあります。

選択するときに、この、

「何かを捨てること」

まで意識しておいた方が、あとあとブレなくて済むような気がします。

たとえばランチで、

焼き肉を選んだら、好きなお寿司は食べられない、

ということを意識する。

 

また、

両方食べたら、食べすぎで健康を捨てている事になる、

ということを考えてみる。

 

このような「裏テーマまで意識する」ということです。

 

この後に、
たまたまハードル走のメダリスト為末大の本を読みました。

彼はもともと陸上の花形100mをやっていたのですが、ある時、限界を感じて、ハードル走に切り替えたそうです。

彼は100m走を捨てて、勝てる見込みのあるハードル走に切り替え見事に大成した。

ライバルの多い、勝つのが難しい分野を捨てて、ニッチな勝てる分野を選んだ。

為末さんはこの「捨てる事の重要性」を説いていました。

株式投資でいえば、損切りして、もっと有望な銘柄に投資するようなイメージ。

見切り千両 ですね!

 

私もこの「捨てる部分にも意識して生活して行こう」と思いました。

コメントを残す