霊や占いを信じられない

霊を信じている人って多いのかしら?

 

最初に言いますが、私は霊を98%信じていないです。2パーセントは 死者の霊魂が何らかの形で残るのかも?と漠然と思っています。

 

意外な知り合い男性が

『僕は学生の時に霊感の強い人に あなたは晩婚だよ と言われて当たってるし、その人に あなたは頑張ればある程度裕福な生活ができる と言われて今当たってる。その霊感の強い人は霊から人の未来を聞くことができる』

と言っていた。

 

 

でも私は全く信じられませんでした。

なのでわざと、

『未来がわかるなら株や競馬やクジで無限に大儲けできるね。その人は富豪なのかな?』

と聞いてみたら、

 

『それも可能だと思うよ。でも霊の力をそんなことに使ってはいけないという神様との約束があるみたいだよ』

と。

 

あと、その人は過去に 自宅で子供の足の霊を見たと言っています。

 

ちなみに私は霊体験もしたことがありません。

その人が嘘を言っているとは思いませんが、自分は体験したことがないので、なんだか信じきれません。

 

 

。。。ということで、

 

何人かの人に霊体験をしたことがあるのか?を聞いてみたところ、意外と体験している人が多かったので驚いた。

 

 

例1

部屋でお母さんと二人だけでいたのに声が聞こえてお互いに 振り向き合った。

二人とも声を出していない。でも、二人とも謎の声を聞いている。

 

 

例2

職場で突然死してしまった人がいて、亡くなった直後に 皆で部屋に集まった時、その場にいた5人全員がその亡くなった人の霊を見た。

 

 

などなど。。。

 

 

で、

近所に霊感の強いお婆さんが住んでいてそのお婆さんに念を入れてもらったブレスレットをしている人もいて、それをしていると良いことが起こるらしい。

ですが、その人は病気になったり転職したり 妻に彼氏ができて一方的に離婚されたり 、私から見ても良いことが起きているようには見えません。

なので、

『そのお婆さんの力は本当なんですか?不幸続きじゃないですか』

と聞いてみたところ、

『あのお婆さんがいなかったらもっと大変なことになっていた』

と言っていました。

 

スピリチュアル好きや江原教な人も多いですよね。

信じるのは自由ですが、それを当たり前のように話されるとこちらは困惑します。

 

信者には、うまくいかないのは信心が足らないから、と言うだけで良いわけです。

1度はまると抜け出せない、周りは当人がいいなら仕方ない、と言う話に落ち着きます。(´д`)

 

先述したとおり、私は、占いや霊能力者のことは信じられませんが、霊魂はもしかしたらいるかも?

と思っています。

霊体験をすると信じるようになるのは、理解できます。

本当に霊なのかしら?脳のバグかも?とも思います。

 

 

先日、

川の事故で二人亡くなった話をしていたら、とある人物が、

 

「水のあるところには必ず霊魂がたくさんいるからね。だから川や滝は気温も低い。それで霊魂に引き込まれて死んだ」

と!!!

 

 

 

 

 

 

プギャーw(°∀°)w

 

 

 

その亡くなられた子達はただ単に、川遊びで向こう岸まで泳いでる途中に激流にのまれたのです。

霊魂というよりも、流れが強い日に自然界を舐めて川の中で遊んだから事故に遭ったんだってばよ(ノД`)

恐れるべきなのは「自然」です。自然をナメるなということですね。

あと、川や滝が冷たいのも霊魂の仕業ではない!!!

流れている水は温まりにくい。

水には温まりにくく冷めにくい という性質がある。周りの気温が高いときでも、水は土のようには温まらない(´Д`)川の水はいつも流れているので、水の温度はあまり高くならないからよ。熱伝導率の違いを知らないのかな(´・д・`)

 

 

 

このような、科学的根拠のないもの (占い ・ 霊魂 ・血液型 ・姓名診断など)を信じすぎている人って、

口の旨い新興宗教の人に目をつけられたら思う壺にされそうな気がしてならないです。

 

でも、こちらがそれを否定すると 冷たい人だね と言われてしまいます(;;)

血液型だってABO以外にRhもあれば、白血球、血小板にも血液型があるのに…赤血球のABOだけで分けられないでしょ?

と言って引かれた経験有ります(^^;

 

私の学校の先生に話したところ、

 

「幼い子の方が霊の存在を感じているようですね。

わたしの父が急死した時、娘が「おじいちゃまそこに座ってるやん」と言いました。

娘の話ではピアノの椅子に腰掛けて庭を眺めているというのですが、 わたしには見えませんでした。

犬もそうなんですね。

我が家の西側には雑木林以外何もないのですが、 犬がそっちの方を見て激しく尻尾を振ってキュンキュン言っていましたから、彼も何かを見ていたのでしょう。

この他、父が亡くなって半年間、毎晩決まって11時ごろになると父の部屋の箪笥の環がカタカタ鳴るのです。

家族は「ああ、また来てはるなぁ」と言ったものでした。

たぶん急死したせいで本人は自分が川を渡ったのだということに気が付かなかったのでしょうね。 」

 

とのことでした。

不思議な説明のつかない出来事ですね。

 

ただ、

私の周りの犬のプロには、「犬には霊感が無い派が多い」です。

そういった人達とこの議論をする際に結論付けられたことは、

「そもそも犬は人間よりも五感が優れているから」となりました。

壁に向かってだったとしたら、壁の中に虫が居たり、壁の外に野良猫が横切ったのを私たちが気付けないだけであり、犬にはそういった微かな音が聞こえているだけだ と。

私の実家には犬が居ますが、夜になると頻繁に同じ一点を見つめてたたずんでいます。寝ていたと思ったら、突然耳も尻尾も立てて遠くを見ている。

まだ知識もない頃は「これが噂の霊を見ている現象…!」と思ったのですが、今考えてみると、うちの犬はお墓の反対方向をいつも見ていたので、虫や猫か何かが居たのだろうと結論づけられました。

犬が仏間に入りたがらない理由も線香の煙やにおいが苦手だからだそうです。

線香を焚く理由は、祖母の話だと虫除け動物除け効果があるから焚くのだと言っていました。

本来野生の生き物は煙が苦手なのだそうです。

うちの犬は仏間には平気で入るタイプですが、法事の時はすぐ逃げ出しますし、お盆の時も入りません。

知人の犬も、普段は亡くなった旦那様の墓前の前の座布団で丸くなって寝ているようですが、線香を焚くとすぐに遠くの部屋に行くと言っていました。

 

やはり犬の霊感は人間がどう捉えるかで変わってきそうです。

 

先程のことも理屈で考える私は、

「線香の存在」

と片付けますが、霊が見える派は「故人が帰ってきているから」と主張します。

卵が先か?鶏が先か?という論争のように、この議論に決着はありませんでした。

 

犬は霊が見えているんだ!という説を信じたい方も、私のような話を聞いて「そうだよね」と思う方は私のような考え方をしていただいてもどちらでも間違いはないのかなと思うようになりました。

 

まさに「信じる者は救われる」ですね。

コメントを残す