英会話~rの発音がないのは世界では日本語と朝鮮語だけ

「R」「L」「V」「Th」「Wh」「F」

この「6つのアルファベットの発音」は、大半の日本人が間違った発音をしており、ネイティヴに英語が通じない一番の原因となっています。

rの発音がないのは世界では日本語と朝鮮語だけだそうです。

日本人は舌が長いから、仕方ないと言えばそれまでだが、より早い年齢から英会話教育された子は発音が良いように感じます。

私は8才から英会話を始めたのと少し英語圏にいたので、義務教育で始まるよりも少し前に会話から始めているのですが、
中学に入って英語授業が始まって一番驚いたのは、
英語の教師自体が 「日本語英語」を話すこと。

『じすいず  あ  ぺん』

みたいな感じで(笑)

しかもクラスのみんなはその発音をリピートして発音練習(・・)
(英会話の授業に関してはネイティブの先生がきていたが)

これは本当にがっかりでした。

あんなレベルで英語教師とは。

もちろん教師のほうが発音は間違っているのですが、
国内の受験用英語学習と 本当にネイティブと話すための学習は全く異なる ということですね。
でも脳ミソが軟らかい年齢の時に、このような教師の日本語英語の発音を耳にして育つのは時間ロス。

最初からネイティブレベルの教師にすべきだと思っています。
リスニング力は大人になってもあまり落ちないので。

学校教育がこのレベルだから、
英語の文法はできるのに殆ど喋れない日本人が量産されてしまった。

卒業するまではこれで良いですが、社会で就職して英語が必要な仕事に就いたら受験用英語学習はあまり役に立ちません。

文部省はここに問題意識を持っているので小学校から英会話を取り入れたり、会話も多く取り入れたり試行錯誤しているわけですが、

日本は島国なので、普通の人にとっては、英語が喋れなくて困ることは日常では殆どないのですよね。

困ることがない & 必要性が無いから本気で取り組まない

…これは仕方のないことですね。

ただ、 普通の人には必要ないかもしれませんが、
大企業に勤めたり、重要なポジションに就くと会社のほうからTOEICで●●点以上取れるように という指令が出て、
社会に出てから、仕事をしながら必死に英会話を勉強させられている人が周りに多いのです。

もちろん、その辺でバイトするというのなら話は全く変わってきますが、
今は中小企業も国内だけでは売り上げがキツいので海外と取引しようとします。

そうなると中小でも英会話を習得しろ となってきます。
。。。というか、既になってきています。

ちゃんとした英会話ができるように、なるべく早い段階から習得するに越したことはないと、周りで、社会に出てから英会話習得に苦労している人達を見ると強く感じます。

 

先手必勝!

そして、習得したら忘れないようにしないとね。

使わないと忘れてしまうので。

コメントを残す