友達百人できるかな!?!?

友達百人できるかな!?!?

https://youtu.be/KpMjodap8RA

学校で教える「三つの大嘘」は、

1 金儲けは汚い事

2 多数決は正しい

3 誰とでも仲良く

この三つを生徒に埋め込まないだけでも、社会に出て生きやすくなる気がしてならないです。

この三つを信じてしまうと、学校卒業後かなりきつい。

1 お金儲けは汚い事

『カネのために仕事をしてるんじゃない。世のため人のためにやっている』

というセリフは、殆どは稼げないことの言い訳なのだと思います。

おカネのためだけの仕事は虚しいですが、稼げず再生産できない仕事は害悪だよ。

二宮尊徳が言うように『道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言』。

医療系の人はよく

『我々は社会貢献しています』『稼ぐことは悪いこと』とドヤ顔で吹聴する人が沢山いますが、例えば起業家は顧客にサービス提供し、雇用を創出し、税金を納めて、もっと大規模な社会貢献をしていますよ。

社会貢献を敢えて強調しないのは、陳腐過ぎて口にするのが恥ずかしいからだと思います。

どちらかというと最近は、薄給で激務をこなしている、保育士さん、介護士さん、清掃人の方々のほうが尊敬できます。

2 多数決は正しい

日本は幼稚園や義務教育の段階から 右向け右!の均一主義的な教育だったと感じます。

封建的村社会であり、多数の意見と違う者や 飛び抜けた能力を持った者を排除する因習がある。

今は、色んな事が多様化していますし、皆が皆、意見が同じである などそもそも有り得ない。

同じ家庭で育った兄弟や親子であっても意見が違ったり喧嘩などもあります。ましてや、育った環境が違う他人が、意見が全て同じ訳がない。

多数の意見が正しく、少数派はおかしい という考え方はそろそろやめてもらいたい。

少数派であっても、そのような意見を持った人間が存在するという事実をもっと受け入れる余裕が欲しいです。

3 誰とでも仲良く

学校は「みんな仲良くしましょう!」というキレイ事しか教えない。
だからいじめっ子だろうが殺人鬼だろうが誰かと繋がっていないと不安になる。

「ひとりぼっちも悪くないよ」とか「ホントにイヤな事があったら逃げちゃえばOK」みたいな真実も一緒に教えてあげて欲しいです。

嫌いな子とは無理に仲良くしなくていいんだよ と教えてあげるだけでも イジメ自殺する子供が減るのでは?

社会に出ると、ご近所や会社の中などで自分と合わない人とも関わっていかなければならないので、気に入った人とだけ というのは難しいですが、ワルやイジメてくる人間や意地が悪い人と無理に関わることない。

自分に対して攻撃的な人間や大切に扱わない人にまで媚びへつらうことないですよ。
これって、日本の韓国に対するスタンスと似ている。
私は、何故日本があのような小国に経面うのか、ずっと疑問でした。

そして、嫌だと思った事はハッキリ言いましょう!ということも教えるべき。

日本は、濁したり 察する文化なので、難しいですかね…

イジメにより死んでしまうほど辛いなら学校など行かなくていいと思うのですが、子供の社会は狭いので、頭の中は学校が世界の全てのような感覚で生きているから、学校で無視されたり一人になると死ぬほど辛いのだよね。

数年前、

ニートひきこもりの人が選挙に出て話題になっており、彼の発言やそれまでの経緯を見て興味がわきました。

それをきっかけに、

ひきこもり児童についての精神科の本をいくつか読んだけれど、私自身が ひきこもりに対して偏見や先入観があったことに気付かされた。

ひきこもり って、きっかけはとても小さな事から始まるようです。

例えば、友達と言い合いになった とか 学校で恥をかいた等です。

そこで親は理由も聞かず、或いは「そんなことぐらいで!」と叱りつけて「学校に行きなさい!」と頭ごなしに言うパターンが多い。
ですが、このやり方では子供はますます心を閉ざしてしまい、解決にならない。

結果、

ひきこもり期間が長くなれば長くなるほど社会に出る事から遠ざかる。

以前、

フリースクールも義務教育に認める法案が出されたが 、私は賛成しております。様々な選択肢があって良いというのが私の考えです。

私の中高の同級生女子に プチひきこもりの子がいました。
とても良い子でしたし、イジメがあるようには見えなかったので、 何故?と当時の私は不思議に思っていた。学校には時々しか来れないのでフリースクールに通っていた。

ただ、勉強だけはやめなかったので、現役で東北大学に入っていきました。
大学では彼氏もできて今は普通に働いています。

普通のひきこもりの子は、

家にひきこもる→外に出られなくなる→20才くらいになると社会に出たくなる→いざ出ようとしても中学中退レベルや小学校中退レベルなので学歴がない&義務教育の内容もままならない。
働く意欲はあっても、面接でその期間の事を聞かれる

等で、結果的にバイトの面接なども落とされたりするようです。

社会で生きにくい状態からのスタート。

個人的には、

イジメで学校に行きたくないなら特に行く必要はないが(最近のイジメは殺したり自殺したり精神崩壊等あるので無理に行くな!です)、

勉強だけはやめるな! ということと、スポーツも出来ればやって欲しいのです。

イジメられてひきこもりになった子がカキコミをした掲示板を目にしたことがあるが、

「私は中学から学校に通えなくなったのにイジメグループの子達は大学行って、おしゃれして楽しそう…私は中卒。見返したい」

という類いのカキコミがいくつかありました。イジメ加害者の事はFacebook等のsnsで目にするそうです。

なので、

勉強だけはやめないで欲しいのです

勿論、勉強だけが全てではないですが、勉強って他者と協力する必要は無く 1人でできるものだし、頑張れば頑張っただけ結果が出るという一番裏切らないもの。
ひきこもりや個人プレイが得意なら やらない手はないと思うのだけどなあ。

残念ながら現実は、引きこもりの子に限って勉強はさっさと辞めてしまい、ネットゲーム等ばかりしてしまっているようです。

何年も毎日お部屋にいるなら、かなりの勉強時間を確保できるので、一流大学にも入れそうですけどね。ましてや社会にも出ないのなら、10年以上も勉強出来るのでは!?

お部屋でやることがないならば、勉強ばかりやって下さい(笑)

 

そして、とりあえず一流大学に入って卒業してみて下さい。通信制でも良いですよ。

社会に出れば様々な道がありますから、やることがなく、外にも出られないならば、まずは学歴を作ってみたらいかがでしょうか。

まあ、

そもそもは親が早く気付いて 専門のカウンセラーにかかることがとても大切だという事が、本によって解りました。

ひきこもりはとても小さなきっかけで始まり、ひきこもり期間が長くなればなるほど取り返しがつかなくなる ようです。

実は、私が比較的仲の良い人の息子さんが小学校から引きこもりなので時々相談されたことがあります。

今の日本で、ひきこもり児童は増加傾向だそうですから、このようなことをメディアや行政に広めて欲しいです。

話が逸れてしまいましたが、
日本の均一主義的教育は、凡庸な人には生きやすいですが、枠から外れた才能のある子や優秀な子、または付いていけない子にはとても辛いだろうと思います。

「友達百人できるかな?」などと教育するから、イジメが起こると余計に辛くなるのかも?

因みに、18歳以下の自殺率は、日本が韓国を超えて「世界第一位」であり、異常だとしか思えません。

学校で教える「三つの大嘘」は、

1 金儲けは汚い事

2 多数決は正しい

3 誰とでも仲良く

この三つを生徒に埋め込まないだけでも、社会に出て生きやすくなる気がしてならないのです。

ペットを避難所に持ち込むのは反対

動物にかまれ感染症 警官死亡 動物にかまれ感染症 警官死亡

動物は人間に害悪な菌やウイルスをたくさん保有しているのが現実。

動物咬傷は超怖いということ、ご存知でしょうか?

一見浅そうな創でも、牙が深く刺さり、深層まで感染していることもある。

もしガッツリ噛まれた場合は、とにかく流水での水洗が大切。

というか、それしか出来ない。

そして病院に行って抗生剤を貰う。
良くなってきても絶対に途中で飲むのを止めてはダメです。

先月の台風で、
災害時に避難所にペット持ち込み可能にして欲しいとの声があったようですが、私はペットを持ち込むなどとんでもないことだと思っています。

避難所生活が長期化すると排泄やエサの問題、臭い、睡眠時間中に犬が吠えるなどの問題も出るので完全に人間と分けるべきではないでしょうか。

分けないと必ず問題が起こる。

現在、在宅医をしている知人医師が勤務医をしていた頃、

「犬や猫に噛まれて外来で受診する患者は結構いて、水でしっかり水洗して抗生剤を処方してもかなり腫れるよ」

と話していました。

因みに、私の祖母は隣家の犬に噛まれて足の脛に深い大きな傷痕があります。当時、数針縫っています。

動物アレルギーの問題、動物が苦手な人もいますから、個人の趣向を公共に持ち込んではいけないと思う。

避難所で雑魚寝状態なのに、犬が赤ちゃんや子供を噛んだらどうするのでしょうか…

連日の馴れない避難所で動物がストレスで暴れたら?

問題がまだ山積みです。

うちは猫と鯉を飼っており、もうすぐ犬も飼いますが、同じペットでも鯉は連れていけないのか?などもあります。

やはり、個人の趣向を公共に持ち込んではいけないと思うのです。

日本では雇われ人が一番損なんだよね

雇われ人で年収1200万円の人は手取りが900万円しかないのだが、これを2000万に頑張って上げても、手取りは1200にしかならなくて、300万しか増えない。

つまり、800万増やしても手元には40%も残らない。

これ、雇われ人で年収1200超えてきたら、自分のやりたい仕事とかワークバランス取ったほうが得では?

 

日本は雇われ人で稼ぐのが1番損な国なのです。

税金面でも、法人なら23.2%

株式等の金融所得なら20.315%

 

労働しないで稼ぐ方にインセンティブがあるから、賢い人ほど働かないで稼ぐほうに行ってしまう。

労働すると税金という名の罰があるような感じ。

 

ちなみに、雇われ人の中で年収が高いと言われている勤務医だと、最大で住民税合わせて55%も徴収されるから手元には約半分しか残らない。雇われ人だと使える控除も限界がある。

勤務医で豪邸に住んでいる人がいないのはそういうことです。稀にいると、実は別で金融所得や親から相続した不動産や財産がある。

 

日本は資本主義社会だから「所有者(経営者、株主、不動産持ち)」にならないと、豊かにはなれないシステム。

高級車を買う場合でも、雇われ人だと自分の給与から支払いますが、経営者なら経費で買えて節税になる。

 

これって学校では教えないので、自ら勉強した人しか知らない日本の本質。

 

私は、「何で国や他人の会社等に自分の未来を預けるの?」っていつも思っていました。不安になるのが当たり前。他人任せではなく、自分の未来は自分で決めないと、いざという時の振れ幅が恐ろしいことになるのでは。

 

ちなみに、社会保険に入ってない会社なんて、その辺にゴロゴロあるよ。皆、売上5億くらいあるのに。

追徴課税件の芸人徳井さんの話も、経営者から見ると「あんなものでしょ」って感想では?よくある話だもん。

騒いで叩いてるのは雇われ人。

因みに、お国は追徴課税で余計に儲かってるはず。毎度「またよろしゅう」が本音では(笑)!?

芸人の個人事務所なんて従業員は自分のみで売上数億。こんなの会社ではなく、単なる箱。それなのに世間は大騒ぎ(笑) 

 

優秀な人をいかに安く使うか?経営者はこの感覚。

自分が優秀だと安く使われちゃうから大変。 

経済競争なのに日本人は複雑さと質を追求する人が多い。勝ってるのは単純に量を制した企業ばかりなのに。

 

あと、年金の話で、老後一人あたり2000万円必要の件についても、一昔前までは年金さえ納めていれば老後は御安泰だったのに、お国がこのようなことを言い出す事も往々にしてあるわけですね。

国任せのことは自分でコントロールできないから、あなた任せの人生は危うい。

雇われ人だと一人2000万円(本当は2800らしい)は貯められないのではないかな?

因みに、NHKの受信料だけで生涯に200…300万円近く強制徴収される中で、一人2800貯められない家庭は多いのでは。

現時点でこの額ですから、今後は2800では足りないでしょ…。

貯められない人が老後にどんな生活をするか興味があります。

夫婦って同時に亡くなることはまず無いですからね。どちらかが1人残るということです。

 

 

将来何の心配もない裕福層ほど色々考えていて、庶民ほど何も考えてない人が多い。

だから大衆は一生搾取されてしまい、ゆとりが無い人生を送るのかもしれない。

 

押し付けないでくり(´Д`)?

先日、自宅に郵便局員の方が来ました。

その時に、局員の方が、

「今年も年賀葉書はいかがでしょうか…?」

と、かなり平身低頭に聞いてきました。

事務所の分は既に購入済みですし、プライベートではもう年賀状を止めたいと考えていたが、ノルマが大変そうだったので購入してあげたら、ほんの数十枚なのに洗剤などの粗品をくれた。

「うちの局だけで80万枚のノルマがあります。買っていただけるだけで有り難いです…」

とのこと。

一軒一軒廻っており、昔ながらの勧誘をしていた。

今時、證券会社ですら鞄片手に営業なんて新人の登竜門としてしかやっていないのに…。

今後、余程目新しい付加価値でも付かない限り、年賀状文化は益々確実に廃れていくと思うけれど(既にかなり減少中)、郵政は今だに上層部が古いお役所感覚だから、昔に近い数を現場の局員にこれまで通り販売させようとするから、現場の局員さんはかなり大変そう。

デジタル化の時代に、衰退しつつあるアナログのものを昔と同じように売り続けるのは無理がある…

メール LINE Instagramなどの時代に、沢山販売させようとしても、やり方も含めて時代に取り残されている印象。

最近思うのですが、私達は普通に生活しているだけで海外に搾取されていますね。

Twitter LINE、Google、YouTubeなどなど、日本の会社のものよりも海外のもののほうが皆に利用されているから、普通に日本で生活してるだけでも、私達のお金は海外に流れている。これらを利用すればするほど海外企業が儲かる。

それだけ日本が遅れてきているということかな。

若者の三割はテレビ自体所有していないとの統計には、とても納得します。

本日、appleもNetflixに対抗するサービスを出しましたが、私自身もテレビはコンセント自体抜きっぱなしの一方で、Netflix Amazon prime等は契約していてタブレットで観ています。アベマTVもです。

一方で、NHKは受信料支払わされているにも関わらず一切視聴していない。

国営にして災害時だけ放送するという事で良いのではないかな?
スクランブルをかけて視聴したい人だけ視聴したら良いのに、強制的に電波を送り付けてくる。

今は若い世代ほど個々が観たいものを契約している時代であり、それだけ魅力的な選択肢が沢山あるということです。

この令和になってからもNHKの方式は昭和のまま…。強制搾取する方式はうっとおしいです。

周りの友人に聞いても、本を読んだりネットをしているからTVを視聴する時間は自然と無くなる感じ。その中でも視聴している人はニュースだけ観ていると言っている。

年配者はテレビ世代なので圧倒的にテレビっ子が多い印象。
かなり年齢層が上になるとネット自体を使えない人もいる。

一部に、ネットばかり利用しておられる高齢者の方もおり、会話をすると感覚がとてもお若いです。

でも、テレビと新聞のみの人と話すと全然話が噛み合いません。
先日も、61歳のおじ様と新聞の話題になりましたが、
この方が新聞を取っている事を知りました。

この方に「娘さんは新聞を取っているのですか?」と聞いたところ、

「それがさ、娘は新聞を取ってないんだって。変わり者だよね。普通は全員取るものだよ」

と答えました。

でも、おじ様のお家は新聞を取っていてもその家の90歳のお爺様が読んでいるだけで、おじ様は月に1回も読んでいないとのこと。お爺様が亡くなったらスポーツ新聞に切り替えると話していた。

読んでいないのに「取ることが常識であり、義務」と話していました。

なんだかNHKみたいだな…(笑) 昔の均一主義かしら?

仕事で必要な場合や子供の論文で必要等、以外の理由で新聞を取っている人って何でしょうか(・・? 義務感?

紙媒体の情報だと、緊急の事件があっても半日や1日遅れますよね。
今の時代だとスマホのネットで即座に速報通知されてくるし、最新情報をどこにいても閲覧できる&テレビもある中で、新聞を取って読むのは不思議に感じました。

試しに、同世代の数人の友達や後輩に聞いてみたところ、やはり下の世代になればなるほど新聞を取っていませんでした。

逆に、70代80代の人だと、
「テレビ欄を見るため」「地域で亡くなった人を知るため」
という理由でした。

テレビ欄ならテレビで見るし、私の地域は都会なので地域で亡くなった人まで把握しきれません。

まあ、好き好きなので、何を見ようが良いのですが、このような人に限って、「新聞を取らないなんて変人だ」という均一主義のような考え方をしています。

NHK信者も似たようなことを言います。

「全員で受信料を払うべき」
「良い番組がたくさんある」
「観るべきだ」
などなど。

余りに強く勧められたので、試しにコンセントを入れてNHKを視聴してみたところ、教育番組やチコちゃんは良いけれど、韓国ドラマや韓国の天気予報などは要らないと思いました。
教育番組に関しては本で読んだほうがもっと詳しい内容を知ることが出来ると感じました。
以前視聴した時には、天皇陛下に対する礼節を欠く発言に驚きました。

結論としては、観たい人だけが観れば良いのでは?という感想しかなかったです。

個人的には、新しいアイデアに適応していく能力は大事だと考えております。

新しいアイデアって、最初は何でも叩かれる傾向にあります。
でも、新しいアイデアに適応していく能力の無い人はいつか必ず負けると考えているので、私は新しいアイデアが出てきたらまずは確認して受け入れるようにしています。

日本に初めてクレジットカードが入ってきた時も「こんなものは借金だ!」と叩かれていたようですが、今では皆が所有しておりますし、
YouTuberも最初は叩かれたりバカにされていましたが、今では政府もchannelを所有しており、大手芸能事務所もchannelを作って参入してきている。
先行者優位が働く世界なので、8年も前から地道に活動してきたYouTuberはヒカキンなど、調べてみると年収が15億円近くある。
電子マネーでも何でも、新しいアイデアは最初は警戒され、叩かれる。

もし新しいものに適応していく能力が無いと、メールやSNSのある時代に、ファックスや郵便しか使えないというよくわからないことに成りかねないです。
実際、かなりご年配の教授が文章を送ってくる時に、メールやSNSが使えないのでファックスや郵便で着ます(笑)

メール等なら無料で瞬時に相手に届けることが出来るので、昔のものしか使えないと非合理だと思うのですが、昔のものが純粋に好きな人もいるので好き好きですかね。

押し付けることが良くないと考えているので。

そういえば、NHKを国営にしないのは、公務員してしまうと職員達の平均年収1780万円が今の半分になってしまうからだと聞きました。

押し付けられるのは迷惑でしかないです。

こちらは、立花孝志さんが公表した、NHK職員時代の源泉徴収票


35歳、高卒 事務で年収1150万円。

NHK大卒記者が年収2000万円超えているのがよくわかりますね。

 

NHKの平均年収は高卒も合わせて1780万円。

これ、全て私達から強制徴収している受信料によるもの。

 

NHKは年間7300億円の巨大利権です。

この既得権益を打破するのは容易ではないでしょうね。

 

 

マスゴミは都合の悪いことは隠蔽する

■NHKがN国・立花氏を提訴 受信料の支払い求め

 

NHKは最近の裁判で、立花先生に敗訴しています。

立花先生は弁護士を着けずNHK相手に本人訴訟、
NHK側は弁護士5人つけていたのに、NHKが敗訴しました。

これにより、NHK側は立花先生に2000万円支払わなければならなくなりました。

今回の提訴は、これの仕返しかな?

しかも、今回のNHKの訴えは、たったの4650円。

しかもマスメディアは何故か、立花先生が勝訴した裁判は一切報道しておらず、このような件だけは大々的に報道するので疑問を感じます。

あと、今回の埼玉地方選挙、立花先生の予告通り負けましたね。

 

 

前回は全国で13万票。

今回は埼玉だけで16万票。

 

 

少しずつ階段を上ってきましたね。